『DDLJ』(原題:Dilwale Dulhania Le Jayenge)

  生意気で口が悪くてお調子者。なのにまっすぐな瞳、思いもかけない優しさが……心に焼きつ
 いて忘れられない……それは恋さ、心を奪われてしまったのさ。シャールクの魅力大全開!
 
 
 
 
 

  冒頭、イギリスの街角で鳩に餌をまくアムリーシュ・プリーに仰天。…………それはまさか…
 ………毒餌…………?←何でや(笑)
 

  いやもう、とにかく、今年の恋愛映画はこれ一本で充分。歌って踊って笑って泣いて、3時間
 をたっぷり堪能しました。
 

  インドの恋愛映画って、途中で絶対、これでもかこれでもかと言わんばかりに二人に障害がた
 ちふさがるので、泣けるとしたらその部分、またはそれを乗り越えたところだと思ってました。
 しかしこの映画では違ってた。
 

  すったもんだの旅の末、二人はそれぞれの家に帰ります。「結婚式に呼ぶから住所を教えて」
 と言うシムランに、「いや……いいよ。行かないから」と答えて立ち去るラージ。それをとり残
 された子供のような目で見送るシムラン。
  歌にあわせて二人は家路に着く、それにしてもこの胸にぽっかりあいた穴は何だろう、この言
 いようのないさびしさは何だろう……悩む二人の前に、互いの幻が現れて告げる、「それは恋さ、
 心を奪われてしまったのさ」……。
  メロディアスな哀感漂う旋律とリズミカルな恋を告げる部分とが絶妙にかみあって画面を盛り
 上げる。家に帰って家族のあたたかい出迎えを受け、荷物を取ろうと玄関に戻ったところで、ラー
 ジの幻が彼女に笑顔で手を振る、思わず手を振り返すシムラン、でもその瞬間、ふと我に返ると
 そこにはもう誰の姿もない。この胸をしめあげるような切なさ!
  恋心を一曲の歌とダンスの中にこれ程見事に語りあげるとは。脱帽です。
 

  この曲を始めとして、歌がことごとく良い。と思ったら、『ラジュー出世する』と同じ人なん
 ですね。なっとく。あっちの曲も良かったもんなぁ。
  今回は事前にサントラカセットをすり切れる程聴いて、ばっちり予習していきました。いやー、
 やっぱ、歌が入ってるといいわー。これはインド映画を見る際におすすめ。勿論今も、聴きなが
 ら書いてます。
 

  しかし、パンフの湯川れい子さんの解説部分を見て、頭の毛がすべて逆立ってしまった。
 「‘永遠に18才の声を持つ驚異の女性’現在70才になるラター・マンゲーシュカル」………
  な…………なななななななななななななじっさいいいいぃぃ!???
  あの可憐なシムランの歌声が……70才……うおおおお、それはまさしく驚異だぁ。インドお
 そるべし。
 

  カージョルのバスタオルダンスにもくらくらきたけど、何と言っても「歌って踊るアムリー
 シュ・プリー」これでしょう! ああ、わたしも彼に「愛しいお前〜」なんて歌われてみたい!
 

  ラストは急ぎ過ぎの感もあったけど、それもまあ許せてしまえるこの出来の良さ。これは4年
 ロングランするのも判ります。
  ラージのお父さんがもう最高にあいらしい。事態をますますひっかき回されて、「何だって来
 たんだよ」と怒るラージに、途方に暮れた顔をして一言、「会いたかったから」。「ああもうほ
 んとこの親父はぁ」みたいな顔で抱き締めるラージにじんときてしまった。

  1999.10.2
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る