『CURE』

  あんたのことが聞きたい。何もかも、洗いざらい、心の裏の裏、隅にたまったほこりまで皆知
 りたい……むさぼりつくされた心に残るのは、「癒し」につながる究極の道なのか?
 
 
 
 
 
 

  何もかもないところには、何もないのかというと、それはほんとうではないのだ。
  何にもないところには、「空っぽ」という「かたち」があらわれる。
 

  記憶をなくすということは、空っぽになるということと同じなのか。違うのか。
  もし仮に、「ほんとうに」記憶をなくしたとするなら、その喪失感というのはどれ程のものな
 のか。
  それが「ほんとう」でなかったとしても、自分というものを掘り下げて掘り下げて、どんな小
 さな針の穴でさえ細密にほじくりかえしたら……それは「記憶喪失」という病とは違っても、や
 はり……「自分」が「空っぽ」になるという点では同じではないのか。
  だからわたしにとって、彼の「記憶喪失」は真実でもあり偽でもある、と感じた。
 

  自分自身をポケットの裏隅のほこりまでひっくり返して洗いざらい分析したら、それは殆ど自
 分を失うことと等しいのではないか。
  彼は「自分の中のものが全部外に出ていってしまって空っぽだ」と言った。わたしにはそれは
 彼の悲痛な告白のように届いた。
  彼は「自分」を探しているのだ。自分の中にもう何もないから、だから他人の中に「自分」を
 探す。あんたが知りたい。あんたの話を聞きたい。まるで餓死寸前の人間が目の前に出された食
 べ物をむさぼりくらうように、彼は他人の心をしゃぶりつくす。それが彼にとっての「生命」、
 彼にとっての「癒し」だ。
 

  おそらくきっと、彼の最終目的は「殺人」ではないのだ。彼はただ「癒し」を求めている。そ
 れを求めて彼が見境なく容赦なく人のこころをむさぼりくらう時に、深い底からその人間の「殺
 意」が浮かびあがってきてしまうだけなのだ。彼はある意味、「伝道師」としては本物ではない
 のかもしれない。
 

  最後に「思い出したか、ほんとうの自分」と聞かれて彼はとてもうれしそうにうなずく。それ
 はきっと真実なのだ。彼は思い出した。取り戻した。そして……癒された。あの心底安堵しきっ
 た笑顔に、見ている自分もほっとするような、確かな「癒し」を感じた。
 

  しかしおそろしいのはきっとここからなのだろう。彼は「伝道師」としては決定的な致命的欠
 陥を持っていた。それは自らが「欠けているもの」「空っぽであるもの」という点だ。伝道師と
 いうものはさとりを伝え広めるもの、「無」というものには「無」があるのではない、「無」す
 らもない「無」こそがさとりなのだ。
  「欠けている」なら「空っぽである」なら埋めねばならない。その為に人のこころをむさぼり
 くらう。けれど初めから「無」であるならその必要はない。それは「無」であると同時に丸く完
 結している。そして……人のこころを強引にむさぼろうとしなくても、もっと別のかたちで、そ
 の「さとり」を広めていくことができる。
  それが新たなる伝道師だ。
 

  彼は相手に「すごいな」と言った。「すごいよ、あんた」と。ほんとうに感心しきった表情で。
 それは判ったからだ。自分と違う、完全なる伝道師になれる可能性を、彼の中に見い出した。そ
 れは同時に、相手が自分を確実に「癒して」くれる存在になってくれることも意味する。
 

  友を、同僚を、仕事を、家庭を、まわりすべてのものを失ったとしても、新たな伝道師のここ
 ろは決して欠けることはないだろう。何故ならそれこそが完全なさとりだから。さとりを開いた
 ものは現実世界のあらゆる結びつきから逸脱する。そしてそれを広めていくことに決して躊躇は
 しない。
  おそらく新たな伝道師のやり方は、それまで古い伝道師がとっていた方法とは全く違うものな
 のだ。もう常人には判らない、抗いようもないやり方で、彼はさとりを、狂気をあらゆる人々に
 伝染させていく。
 

  それは果たして「癒し」か?

  1998.2.6
 
 
 

  ……どーしても気になるのは、あの「クリーニング品物紛失」あれは一体何だったの???

  ……それから、あの療養所に向かうバス。あの窓一杯に広がっている空と雲。あれは美しかっ
 た、でもあれも一体何だったんだろう……(わたしは『ブラジル』のサムの英雄世界を思い出し
 てしまい、一瞬「これは夢!?」と思ってしまった(笑))。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る