『ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー』

  しまった、お茶とクラッカーにあわせるチーズが切れちゃった! それなら月まで取りに行こ
 う! 天才(?)発明家ウォレスと愛犬グルミットの素敵な宇宙旅行。クレイ・アニメの傑作!
 
 
 
 
 

  文句なく、堂々と「大好きだ!」と胸を張って言える作品であります。本当に、だーいすき。
  まず、「チーズが切れたしちょうど休暇だし、月まで行って取ってくっか」というその大らか
 な発想が好きである。んで、それを本当にやっちゃうところがたまりません。ロケット製造中に
 休暇が終わりそうな気がするし、その間にチーズがないのはいいのか、とも思うが(笑)。
 

  設計図を書きに行ったのに「一人○×」なんかをやっているウォレス(……友達いないのか?)
 の抜けぶりも好きなんだけど、やっぱりグルミット! 彼だよねぇ。ああ、最高。
  ものすごく賢くて何でもできるのに、時々すんごく「犬くさい」ところが好きである。椅子に
 足を組んで座れるのに、どうして普段2本足で歩かないんだろう(笑)。そういう、変なところ
 に「犬としての節度をわきまえている」ところが好きだわ。表情はものすごく豊かなのに、喋ら
 ないしね。
 

  こういう風に「実際にまるごと一つ世界をつくっちゃう」時には、細部がどこまで作り込まれ
 ているかがハマれるポイントの一つだと思うのだが、それがもう完璧に近い。この執拗なこだわ
 りには感動します。部屋の調度や宇宙船の内装、ひとつひとつどれを取ってもきちんと「ウォレ
 スとグルミット界」のものになっている。
 

  それから、間の取り方が非常に心地よいですね。実に計算されてます。映画の至福をしみじみ
 と感じる。
  特に笑いをとる時の間が好きだ。こういうのって、世界共通なんだなぁと感心する。
  ウォレスがロケットに乗る時、クラッカーを忘れて取りに行くんだけど、その間待ってるグル
 ミットの「待ち方」なんかもう絶妙。こういう細かいところを作り逃さないのが好きだ。
  月の自動販売機型管理人もいい。望遠鏡を目に当てて、「を゙をッ!?」となるタイミングなん
 ざ絶品である。バットを上げたところで動きが止まってしまい、再び動き出して空振りし、もう
 一度振ってみるという芸の細かさがたまらない。
 

  もうほんとに様々なところで笑えたんだけど、その可笑しさにもう感動すら覚えたのがこれ、
 管理人に追われて一世一代のピンチの時、必死にロケットを操作するグルミットの後ろでウォレ
 スが「グルミット!」言うから何だ、と思ったら「帰ったらあったかいシチューを食べような」
 ってヲイ。目眩がする程笑いました。しかしこんな飼い主に一途に忠誠を尽くすグルミットがい
 じらしい。やっぱ犬だわー。
 

  月に行くロケットの中にも普段の日常をまるごと持っていく、そしてチーズを食べる時にはちゃ
 んとお茶やお茶道具をひと揃いきっちり持っていく、その辺の徹底ぶりにイギリスの香りを感じ
 ました。いいなぁ、こういうの。
 

  2000.7.4
 
 
 

  ……音楽最高! サントラが出る出ると言いながらいつまでも出ないのが気になります。どう
 なっちゃってるの?

  ……しかし、月のチーズ美味しそうだなぁ。でも、食べものなんだから、接着剤でくっつける
 のはどうかと思うぞ、管理人(笑)。

  ……誰もが内心ひそかに思っていると思うのだが、あの管理人、スキーを楽しんでる最高潮に
 お金切れるんではないだろうか。可哀想。

  ……日本語吹き替え版をビデオで見たんだけど、やっぱ欽ちゃんの声合ってないよぅ(涙)。
 元々にない状況説明的言葉が入ってるのも気になりました。日本のお子様はそんなに莫迦じゃな
 いと思うよ。そのままでちゃんと判るのになぁ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る