『頬にキス』(原題:Kannathil Muthamittal)

  天から降ってきた小鳥のような少女。けれどその曇り無き微笑みの裏には、たくさんの人の血
 と涙と苦しみがあった……社会派マニ・ラトナムが真っ向から描くスリランカ問題。
 
 
 
 
 

  実はこの映画、国立民族博物館における「インド映画祭」で見たんですな。  


  何本か見たんだけど、その順が『時に喜び時に悲しみ』→『ロージャー』→『頬にキス』。  


  で、『ロージャー』を見て「やっぱマニ・ラトナム駄目なのかも」と 思い出したわたしだった
 りするのですが、この『頬にキス』を見てその原因がしみじみ判った。  


  この映画では少女アムダがいろんなこと言ってまわりを振り回すのですが、でも見ていて「子
 供なんだからしょーがないよな」て思うんですね。「おいおいお前それはなんぼ何でも……まあ
 でもこの状況だしそれに何と言ってもまだ子供だから、この場合しょーがないよね」て見逃し三
 振にしてしまえるのよね。しょーがないから、イラッとこない。  


  でも『ロージャー』や『アンジャリ』でムカムカきたのは、あれは主要人物が「自分が正しい」
 と偉そ気に主張してるもの、その根幹が「子供の我が儘」だからなんだ。それを良い大人がやっ
 てるから腹が立つんだわ。なっとく。  


  てな訳でアムダ、お前それはなんぼ何でも、と思うところも多々ありますが、でもあれは確か
 に、あんなまだ小さい子に教える親が悪いから。だからしょーがない。  
  仮に教えるにしても、ああいう希望が出てくるのは当然っちゃ当然だから、教えるなら教える
 で、しっかりその辺、自分達で下調べしておくべきでないの、とも思うし。  


  で、そこでもうひとつ、「ああ、だから自分はマニ・ラトナム苦手なんだ」と判ったのですが
 ……この人基本が「地縁より血縁」なのね。  
 『頭目』でもそうだったのですが、自分の勝手で子を捨てた母が、 スラム街で悪事も働き生き抜
 いてきた息子と再会して、自分の捨てた子を拾って育ててくれたその場所を「こんなひどい街」
 と平気で言うんですね。でも息子はそれに怒りもしない(同じこと仲間に言われたら怒る癖に)。
  また、法の側で彼を裁くべき人間が、実は血の繋がった兄弟だったと判りその悪事を無かった
 ことにしてしまうし。  


  何が可哀想ってお母さんが本当に可哀想でねえ。あんな簡単に「本当のママ」とか言わないで
 しょう、普通あの状況で。真実を知った後、ずっとそっちのことも「ママ」とか「お母さん」と
 か呼ぶんだもん。どうよそれ。  
  出先であった「他人」にもいきなり「本当のママはよそにいるの」としゃらっと言うし。おい
  こらちょっと待て、と思ったよ。  
  なのに本当の父親のことはろくに気にしないし。一応最後の質問にはあったけど。  


  冒頭に述べたように、あの順で見てきたのですが、最初の『時に喜び時に悲 しみ』、これも実
 は主役が捨て子だったのだけど、何がスゴいってこの映画ではその事が殆どスルーされているの
 が本当にスゴい。  
  それはどうでもいいってんじゃなく、親もものすごい勢いで彼を愛してて、彼もそのことに大
 層感謝していて、血の繋がらない弟に「ママは僕の方が好きなんだぜ」とちょっぴり意地悪言っ
 たりしつつ、でも勘当されても「所詮血の繋がらない僕なんか」てかたちのいじけ方をしたりは
 しないんだよね。また、弟も真実を知ってもそこにはちっとも動揺しない。血なんか関係ない、
 兄貴は僕の兄貴で僕等は家族、てそのゆるぎの無さがすごく良くて。  


  や、ごく普通の人の心理からいったらアムダの方がまともだろうと思うんですよ。自分の親は
 よそにいて自分を捨てていった、どこのどんな人で、何故捨てたのか知りたい、て思い詰める、
 それは当たり前だろうと。  
  でもだからこそ『時に喜び時に悲しみ』の方の美しい心情とつい比 べてしまうのよね。産んだ
 親の事情なんていい、そこに心を割くよりも、自分を長年慈しんで育ててくれたこの両親、この
 家族こそが自分の「真の家族」でこれを大事にしていくべきだ、てちゃんと彼が判っているって
 ところが。  


  ちょっとアムダの執着ぶりが尋常でなくなってきて、かつ育ての母に対してあまりと言えばあ
 まりの態度で、でもそこを誰も、育ての父でさえもきちんと咎めようとしないのになんか悲しく
 なってしまって。  
  とにかく血が繋がってることに最も価値があって、例え何をした相手でも血縁であればそれだ
 けで許される、というこのマニ・ラトナムの価値観にちょっとわたしはついていけないところが
 あるな。
 

  2005.11.30
 
 
 
 

  ……しかし感動の再会シーンで、アムダで、ティルで、インディラで、シャーマでためが入る
 のは判る、そこはたっぷりため取ってくれていいと思う、だがウィクラーマシンハのアップのた
 めがあんなに要るか?(笑)  
 「や、この人は別にいいんちゃう?」と内心で突っ込んでしまいました。  

  ……シャーマ母さんは、アムダを捨てたはいいが、その後旦那探しをしたのかどうなのか?  
 「あれ、もしかして探してないのか!?」とちょっとびっくらしてしまいましたが。あの感じだと、
 あれ以来死んだと思ってんのか、それとも再会して一緒にゲリラ活動をして、その中であれで亡
 くなったことを既に知っているのか、どっちだか判んないっすよね。  

  ……そうそう、その旦那だが、アンタせっかくもらった嫁さんに「子供なんか要らん」言うな
 らいくら初夜でも避妊はしろ(怒)。  
  そう、こうだからやっぱ完全に乗れないのよね、マニ・ラトナム。この人その後に「平和が来
 ないと」とかそれなりに立派なこと言うんだけど、でもその前に避妊もせずにやっちまってる訳
 だから、その立派な理屈に説得力が全く無くなる訳です。こういうところをちゃんとしてくれる
 だけで全然違うんだけどなあぁ。  

  ……それにしてもこのアムダちゃん、抜群の演技力です。特に怪我を痛がるシーンのその痛が
 りっぷりが!←どこを見ている  
  ほんとに怪我させたんか、と思うくらいのリアルっぷりでした。すごい。  
  やはりマニ・ラトナム、子役使いにかけては右に出る者がいませんね。  
  ちびアムダもあいらしかった。しかしいくら灼熱のインドとはいえ、あんなにぽんぽん出しっ
 放しにしていて大丈夫か。  

  ……そして今回はスリランカロケ? シーンがもうたまらなく美しかった。本当にこの人、自
 然の豊かな場所を綺麗に撮らせたら天下一品だよね。  

  ……今回はでも、主題が主題だから仕方がないのですが、あまりダンスシーンが無かったのが
 ちょっとさみしかったですね。踊れない人が多かったのかな。  

  ……前からインド映画で謎なのですが、何故インドの家には室内にブランコがあるのだろう?  

  ……しかしティル父さん、アナタその眉毛はなんぼ何でも太すぎです!!!  
  「東南アジアにこういう仮面あったよなぁ」とうすぼんやり考えてしまいました。すげい造作
 です。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る