『チャンドラムキ』(原題:Chandramukhi)

  オレは人の心も読めるアメリカ帰りの優秀な精神科医。休暇で帰省したインドの片田舎、因縁
 の館に巣くう怨念がオレの大事な友を、愛する人を苦しめる。心配するな、オレの頭脳とアク
 ションで、幽霊も心の病いも一刀両断大団円さ! スーパースターのお成りである!
 
 
 
 
 
 

  ああ、やはりこの人は紛れもなくスーパースター!!!  


  ……と、いう気持ちを存分に実感できる165分。もう、やり過ぎもやり過ぎって程に何もかも
 が出来杉くんです、ラジニカーント。  


  何がスゴイってまず「精神科医」な筈なのに、実は超能力者ってところが凄過ぎます(笑)。
   や、つくってる側は「それもずば抜けた精神科医だから」てことで片づけちゃってますが、い
 くら心理学に長けていても知らない人の名前を誰かが心の中で呟いただけで知るのは不可能です
 から! それただのテレパシーですから!! 医学何にも関係ないですから!!!  


  そしてそうは言っても紛れもなく「医者」という役柄でありながら、眼力霊能力者に勝っちゃ
 うし。ただ階段から降りてきただけで目からビーム感じさせるし。
  とどめにやっぱり「医者」の癖に、楽器も歌も踊りも突然プロ並みの腕前やし。「音楽をお金
 で汚すなんて!」と至極正当な怒りをぶつけるドゥルガちゃんが、何故か急に改心(?)して涙
 を流して「本当に優れた人とはこういうもの、傲慢ですみません」と頭下げてしまう勢い。  


  ……いやでも正直最後のはやり過ぎかと思いますが(笑)。いや、ほんと、これはどう見ても
 ラジニが悪いですよ。ラジニやり過ぎですよ。  
  わたしドゥルガちゃんぶち切れた時、てっきりラジニが彼女の音楽を愛する心に打たれて改心
 するんだとばかり思ったのに。いくらスーパースターとは言え、あれはかえって、イメージが悪
 くなるからどうかなぁ。あそこではっと心打たれて、改心する方がずっとステキだしかわいらし
 いと思うのだけど。  


  と、まあ、実のとこ不満なとこはそこだけで、後は何もかもがオールオッケー! ブラボーで
 すよスーパースター!!  


  とは言え今回、実のとこスーパースターをある意味超えかねないトンデモスーパーヒロインが
 現れた。そう、それこそこの人、チャンドラムキ及びガンガを演じるジョティカ嬢!!!  


  いやもう本当にスゴイ。何が凄いって、印象があまりにもスゴ過ぎて、見終わって少しして、
 ラジニの役名は思い出せなかったのに「チャンドラムキ」と「ガンガ」はいつまでもいつまでも
 覚えてて忘れなかった程である。  
  もうこの人のあり余る存在感で、一応悪役として出てくるオバ様も一応ヒロインである筈の
 ドゥルガも形無し。めだたねえめだたねえ。特にヒロイン、後半こんなにも影が薄くなって本当
 にお気の毒ったらありゃしない。  


  すごい冷静になって考えてみたら、チャンドラムキってその人生を考えると、同じ状況なら日
 本では超儚げな今にも倒れそうなたおやかな弱々しい女性にやらせて、例え怨霊になってももっ
 とずっと美し気な代物に仕立てると思うのですが、なんかもう見てたらすげい遣り手の肝も性根
 も座った強い女、て感じで、怨霊になってからはもう殆ど憎々し気で、実はこっちが悪の権化か、
 思うくらいに凄まじいのだからインドってすごい。  
  で、それをああまで完璧に演じるジョティカ嬢もほんまスゴ過ぎ(笑)。  


  しかしこれは本当にプロ魂ですよね。日本のただキレイキレイなばかりの女優達よ、この捨て
 身の演じっぷりを見習いたまえよ。もう、こんなに汚れちゃって(笑)。  
  ほんと、こんなに真っ当に「美人女優」な人がこゆことやってくれるからインド映画はスゴい
 です。やはり数つくるだけあって、こういうのは本当に底力だよね。やんなくっちゃ売れないの
 だもの。  


  それから今回は音楽が大変良かった。  
  特に「この世の中に不要なものも上下もないさ、神様!」てな歌、『デヴダ・デヴダ』は大変
 良かった。  
  しみじみ思うのですが、こういう、歌詞だけ眺めるとなんや少々うさん臭いというか、けっ、
 所詮そんなんキレイ事だろ、と背中を煤けさせながら毒づいてしまいそうになる内容の歌を、ラ
 ジニに歌わせるとほんと絶品ですね。  
  なんかもう、この笑顔とこの朗々とした態度で、「そう、そうなんだよ、人間支えあって生き
 ていかなくっちゃ!」とか真顔でつい思ってしまう。なんてか、懐の深さってものを感じます。  
  これはさすがに、シャールクやら、若手人気俳優がやってもなんやウソくさくなって、この味
 は到底出せんと思いますよ。まわりの人が選挙に出てほしがるの、判る気がする。すごく公明正
 大なことをしてくれそうな期待感と安心感をかもし出すよね、この人。  
  そこででも絶対に出馬しないところが、ますますラジニの株が上がるとこなのですが。  


  チャンドラムキの踊りの曲もすごく好きですね。大変に好みのメロディラインです。  
  サントラ聴いてたらちゃんと「ラカラカラカラカラカ」が入ってるのに感動(笑)。


  2006.11.02  



  ……それにしても、いろんなことに取り紛れて目立たなくなってしまっているが、あの本家を
 仕切る姉さん、実は相当悪いことしてんのに、そこにあまり触れられてないのがすごい(笑)。  
  だってどう考えたって自分のツバメとして居候させてるにーちゃんに、ラジニ殺す勢いで襲わ
 せるわ、わざわざ水槽の近くで飲み物こぼしてドゥルガに拭かせて、って、それセンディル殺る
 為以外の何の目的でも無いやん、とか、相当なことしてますぜこの人。  
  まあそういう人が突然に涙流して「許して下さい」と主人公に頭を下げ、主人公もそれを笑顔
 で許す、てインド映画にはありがちなんですが、それにしてもこれはちょと許し過ぎ。  

  ……しかしあの無意味に乱舞する「タタ・インディコム」看板は何(笑)。  
  次に見る機会があったら、何回出てくるのか数えてみたい。 

  ……アメリカでとっても優秀な医者であるというしるしに「優等生メダル」をもらっている、
というのに笑いに笑いました。
  思わずこういう感じのものをイメージしました。 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る