『キャメロット・ガーデンの少女』

  孤独な魂は自分によく似たものを惹きつける。まわりから疎外される程、固く強く結ばれる。
 だが間違うな、表面の類似と……その奥の、心の成熟とを。
 
 
 
 
 
 

  これだから子供を「親友」なんかにするもんではないと思う。
  増して相手は子供の癖に「女」だから厄介だ。
 

  遠慮なしに踏み込む、ずばりと核心に切り込む、その癖傷つくことだけ一人前だ。わがままで
 気まぐれで残酷で、けれど時々ナイフが閃くようにやさしい。頭の回転はおそろしく速いのに動
 物の感覚と速度で動く、理屈と感情が著しく食い違う。蠅を指でつぶしてオーブンで焼いても鶏
 をつぶして丸ごと平らげても、犬の死には泣き叫ぶ。混乱すれば軽蔑しきっていた筈の両親に平
 気で頼る、大嫌いだと口にした直後に奇跡の宝物をその当人に手渡す。
 

  彼にはそれが読めなかった、「子供」であることを忘れて「親友」だと思ってしまった、それ
 であんな手痛い失敗を犯した。最高の秘密を共有した直後に、あれは最悪の行動だった。
  けれども彼は最後には理解した。一言も彼女を責めなかった。拳銃からひそかに弾を抜き、そ
 の場を逃げ去った。それは大人として彼女を「子供」だと理解し、男として彼女を「女」だと認
 めた証しだ。
 

  けれど彼女は彼を理解しただろうか。「友」として「大人」として「男」として、彼を本当に
 理解し認識しただろうか。
  野生の獣のように近づいた。奇跡のように似ていた。直感的にとても魂に近いところに切り込
 んだ。けれどもそれは、相手をつとめて理解していこうとする営みとは、違う気がする。
  彼女は彼を自分の世界の中に組み込み、物語の中に閉じ込め、エンドマークを打つ。
  彼の「ホーム」は彼女の手の中だ。
 

  これだから子供を「親友」などにするものではない。
  いつか、永遠にも近い時間の後に、彼女は彼を本当に「理解」するのだろうか?
 
 

  1999.6.4
 
 
 

  ……サム・ロックウェルってすごい、「いい顔」ですね。図抜けた美形ではないんだけれど、
 なんというか、味があって、そそる顔だ。特に目元がいい。唇の端の曲がり具合もいい。好み
 だぁ。

  ……予告を見て主役二人のイギリス顔にてっきりイギリスの話だと思っていたら、アメリカが
 舞台で驚いた。が、パンフを見たら二人ともイギリス人で納得。更に監督もイギリス出身でまた
 納得(笑)。

  ……ところであのメガネのガキ、誰か一発ぶん殴って下さい(笑)。こういう奴がああいう場
 所で育った挙げ句ブレッドみたいなバカになるのね。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る