『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』

  3人の学生が行方不明になった後、森の中に残された1本のフィルム……そこにはブレア・
 ウィッチにまつわる伝説と謎と恐怖が映し出されていた! これは真実か、それとも?
 
 
 
 
 

  事前の広告などによる警告にも関わらず、前日夜中に遊んであまり寝てない状態で出かけた為
 か、生来の乗り物に弱い体質がわざわいしたか、げろんげろんに画面酔いしてしまった。しかし
 わたしの見たところ推定7割は同じ症状に陥っていたと思われる。何せ両隣にいた男性も確実に
 酔っていた(笑)。しかも左隣の人はカップルで来ていたのだが、あの後二人のデートは無事に
 進行したのだろうか(更に笑)。気の毒に。
 

  で、うーんんんんんんん………………これは…………期待し過ぎた感ありですな。
  いや、まあ一応は怖いんだけどねぇ、ううむ、もっと怖くできたんじゃない? と思ってしま
 う。勿論、お金は使わないで、ですよ。
  うまいことつくってあるのは確かなんだけれども、「怖さの追求」という点においては今三歩。
 

  「ブレア・ウィッチ」に関する情報があまりにも薄いまま、怪異の世界に突入してしまうのが
 まず怖さを削いでいる。「そりゃ事前に情報を入れておかない方が悪い」とこの映画の場合は言
 われそうなんだけど、一応、HP辺りの話は皆読んでいったんですよ。本はまだ未読だけど。で
 も、もし「本を読んでなきゃダメ」なら、その旨事前に広告しておいてくれねばなぁ。
 

  例えばあの「家」のことなんて、年表で読んでるより、映画の中で先に提示されてる方が絶対
 怖いではないですか。少なくともわたしは、こんなこと年表なんかでは知りたくなかった。それ
 に、もし年表を見てないまま映画を見たら、この「家の存在」の持つ怖さが全く判らないままあ
 のシーンを見ることになるではないか。これは、勿体ない。
  「何が起こっているのかがよく見えてこない怖さ」ってのがあることは否定しないんですが、
 その場合、事前の、何ていうか「まともな情報」はむしろあった方がいい。そうやってきっちり
 と「まともなかたち」に頭をつくられてしまった後で、この「何が何やらの世界」に叩き込まれ
 る方がよっぽどこわい。
 

  「怪異の世界」が始まった後がずうっと同じ、なのも今ひとつ。
  「おんなじ怪異」なんだよね。「異常な世界」には「異常な世界」なりのルールってもんがあっ
 て、それがずっと変わらずに最後まで続いている。慣れてしまう。
  「怪異の世界」に突入した時の怖さ、は確かにある。でも無意識の内に頭に入ってしまった
  「怪異のルール」をひっくり返してしまう、「ずれる」怖さがその後に欲しい。
 

  もし、もしもこれがね、「本当に本物の、森に残されたフィルム」だったらそりゃもう怖いだ
 ろうと思うんですよ。でもそう自分に思い込ませるにはこのフィルム、あまりにも良く出来過ぎ
 ている(笑)。実際にこんな状況だったらばもっと大量に発生するであろう「ムダ」が全然なく
 て、小綺麗に刈り込まれている。必要充分なシーンしか出てこない。
  まあこの辺は予算の問題もあったんでしょうが、もっともっと、どうでもいいような饒舌な場
 面を入れてくれた方がより「本物度」が感じられ、怖さ度アップだと思うんですが、どんなもん
 でしょう。
 

  話は大きく変わって、少し前に『サイレント・ヒル』というプレステのゲームをやったんです
 が、これがもうおそるべき恐怖を誇る代物でございました。こんな怖い思いはよそではしたこと
 がないくらい。
  「暗闇の効果」といい、上の「異常な世界でのルールずらし」といい、このゲームをつくった
 人はまさに「恐怖の本質」というものを熟知している。わたし、『バイオ』は子供にプレイさせ
 てもいいと思うけど、こっちは絶対させないぞ(笑)。凄惨過ぎる。悪夢見るって、これは。ベ
 ストエンディングでクリアしても爽快感はゼロ(笑)。
  ちなみに最も怖かったのは「病院のエレベーター」でした。背筋に来た。こういう足元がすく
 われるような怖さを『ブレア』にも期待してたんですが、無念。
 

  けれども年表等を見る限り、どうもこのフィルムの前後に起きている事件や事態の方が余程怖
 そうなので、「2」に期待をかけます(笑)。今度はお金もあることだろうし(更に笑)。

  2000.1.6
 
 
 

  ……パンフ最後の通販の中にあった「スティックメン 組み立てキット(1200円)」に爆笑。
 これ、誰が買うねん。どこに飾るねん!
  あ、でも、帽子はちょっと欲しいかも。ノートは要りません(笑)。

  ……CD屋に行ったら、これのDVDが売られていて、でかでかと宣伝がしてあったのだけど、
 その「特典」の中に
 
 「ブレア・ウィッチの呪い」
 
 てのがあって、店先で爆笑してしまった。んなもんいるかい!
  一体何だこれは、と思ってよく読んでみると、公開当時に、そういうタイトルでこの映画の特
 番がテレビで放送されていて、それが入っている、ということであった。そりゃ、ホンマにそん
 なもんがついてきたらムッチャ迷惑だよね。それ「特典」ちゃうって(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る