『バンカー・パレス・ホテル』

  真紅の髪を持つ彼女は打ち倒すべき敵の懐へ自ら飛び込む。地下深くのホテルに集められた権
 力者達。現れない大統領。氷の死へ近づく世界の中、明かされる衝撃の真実。そして夜明け。
 
 
 
 
 
 

  冒頭、濁った雨が車軸を流すごとく降る場面から、もう鳥肌が立つ。
  実に何とも、たまらなくわたしのツボをつく作品であります。どこを取っても好き。ストーリー
 も映像も好き。様々な小道具も好き。画面の隅から隅まで吸い取るように見てしまう。
  公開当時に劇場で見たのが自慢なんですが、そこで一発ではまって、ビデオをダビングして、
 その後にテレビ放送されたのを標準で録り直した(笑)。ちょっとでも見ちゃうと必ず最後まで
 見てしまうんだよね。これ程何回も見ている映画も少ないかもしれない。
 

  特にぐっときたのは、彼等が「異なる言語」を持っているところ。
  この世界には「禁じられた言語」がある。おそらくこの国は、よそからやって来た侵略者に支
 配されているのでしょうね。そして元々使われていた言語は禁じられ、下層階級のものだけとなっ
 た。
  しかし今や彼等は叛旗を翻し、政府は壊滅の危機に瀕している。彼等の逃亡場所に乗り込むテ
 ロリストの彼女、そこに置かれたテレビに、テロリスト達が流した電波が入る。
  全く理解できない文字が一文字ずつ映し出される。それを見つめる彼女のまなざしはひどく疲
 れて、淋し気で、けれどもどこか穏やかな静けさに満ちている。ここまでやって来た、ずっと虐
 げられていた苦しみ、その中で多くのものを失った。そして今やっと勝利を掴みかけている。得
 たものと失ったものへの複雑にいりまじった思い。
 

  けれども高官達には、わたし達と同じくその文字は読めない。何の意味もない記号。けれども
 そこに漂っているただならぬ気配。胸がどきどきする。読み取りたくて読み取りたくて喉がひり
 ひりする。
 

  破壊を経て彼女の前にようやく姿を現わした大統領は、信じ難いことに、彼女に向かってその
 「禁じられた言葉」を口にする。
  それを聞いた彼女は、息を吸い込み、目を閉じる。彼が何を言ったのかは判らない。「仲間に
 伝えろ」と、彼は再び何かをはっきりと口にする。勿論彼女はそれを理解している、けれどこち
 らにはそれは語られない。それは永遠に謎のままだ。
  けれど謎が謎のままであるということの、何と魅惑的なことだろう!
  きっと、判らないままの方がより輝くものもあるのだ。
  そうは思いつつ、この意味が知りたくて知りたくてたまらない気持ちは今も変わらず胸の底に
 あるけれど。
 

  冒頭から地下の世界に降りるまで、外はずっと濁った雨が降っていた。そして地下のホテルで
 は、照明は青みを帯びて薄暗く、日が立つにつれ機能が段々と死んでいき、空気は冷え、プール
 の水は凍りつく。蛇口からは泥が流れ出し、給仕やメイドのロボットは狂い始める。そのじわじ
 わと精神を蝕むような死の気配と閉塞感。
 

  だが、最後に彼女が上った地上、そこは朝だった。眼球を灼くような朝の光。初めて、画面に
 明るさが満ちる。その光の中へ進み出す彼女。
  果たしてこの先に、何が待っているのだろう?
  自分達が今までやって来たことは……一体、何だったんだろう?
  美しくおそろしいラストシーン。
 

  2000.6.22
 
 
 

  ……音楽が、すごくすごくいいです。わたし、当時サントラをさんざん探したんですが、見つ
 けられませんでした。販売元とタイトルが判った時には、あっという間に廃盤になった後だっ
 た(口惜し泣き)。
  『ティコ・ムーン』が意外な程ヒットしたので、便乗してこっちも売れてリバイバル上映なん
 てことになって、あわよくばサントラも復活、などと遠大な希望を抱いていたのだが、どっちも
 実現されなかったし(泣き笑い)。←後日、Amazonの海外の方で発見&購入!(嬉)

  ……真っ赤な髪にガリガリに痩せたキャロル・ブーケがカッコいい! だぶだぶの男物のズボ
 ンを体に巻き付けたその姿のセクシーなこと!

  ……メイドロボットさんがコワ過ぎ〜(涙)。一体あの服の下にはどんな風に肉がついている
 のか。ああ、想像するだけでおそろしい。

  ……が、それに手を出そうとする男がいるというのが更にコワい(笑)。この人はただこの場
 の欲求を満たしたかっただけなのか、それともホントーにこの彼女が好みだったのか!?(爆)
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る