『ボーン・コレクター』

  次々と起こる猟奇殺人の現場には、犯人からの謎のメッセージが残されていた。その後を追い、
 全身不随の天才捜査官と鋭い目を持つ若く美しい女性巡査は、闇へと身を乗り出す……。
 
 
 
 
 

  ……うーん、参った。
  これはどうも、期待倒れの感あり。
  まあ、期待という奴はこっち側が勝手にするものであって、多くの場合期待される側にその責
 任はなかったりするものなのだが、これに関しては話が別だと思う。
  だってこれ、「予告」が凄かったんだもん(笑)。
 

  より正確に言うなら、予告のコピー。
 「すぐには殺さない」そしてこれ、「骨の砕ける音に耳をすます」。
  そしてとどめにタイトルが『ボーン・コレクター』。「骨蒐集者」です。
  これだけやられて、「もう、犯人さんってすんごい骨フェチなのだわ!」と思ってしまったわ
 たしに罪はないと思うぞ。ええ、絶対に。
  しかも、ただ単に「骨が好き!」というだけではなく、その「音」、響きにまで耳をすませて
 しまうなんて、何て素敵なんでしょう、と、ものすごくトキめいたのにぃ←ヲイ(笑)。「すぐ
 には殺さない」のも、生きて人の体の中にある骨が砕ける音を聞く為だと思ってしまった。
  そしたらさ、なーんだ、犯人さん、全然「骨そのもの」になんか興味ないやん。あーあ、無茶
 無茶騙された気分。
 

  しかも、これ設定が「安楽椅子探偵」じゃないですか。しかも、ただ単に他人が持ち込んだ話
 をふんふん聞いてるだけのそれではなくって、自分の「目」として、実績はないが極めて優れた
 能力を持った美しい女性に現場を駆け巡らせる。
  実に何とも、ミステリ者の心をくすぐるこの設定(笑)。こういう時に期待してしまうのは、
 勿論「観察者」の鋭い眼光、そして「思考者」の天才的閃きと緻密な論理、であります。
 

  だけどねぇ……いや、「眼光」の方は問題がないのね。でも、「論理」の方が……殆ど「閃き」
 よりなんだよねぇ……「え、いや、そんなんで『その場所』とか決定できんやろ」と思うような
 レベルでどんどん断定しちゃって、しかもそれが外れない。最後の方だったと思うけど、幾つか
 候補があるのに、何の根拠もなく「賭けだ」みたいな感じで一つに決めちゃって、しかもそれが
 ドンピシャなのにはちょっと唖然とした。
 

  それに、「論理」と言えば、犯人さんのそれも今みっつくらいダメだった。
  まず最大の問題として、何で「あの本」なの?
  もうこれって、この一連の殺人の最大の要だと思うんだけど、あまりにもなおざりにされてい
 て、拍子抜けしてしまった。
  じゃあ何、あれってホントただの「材料」なの? 「あの本でなきゃならない理由」ってのは
 何にもないの? そりゃないぜ(泣)。だってまずそれじゃ、「他人のやった事件」を何故わざ
 わざなぞらなきゃいけないのか、その理由が皆無ではないか。
  しかもですな、あのヒントでは、「あそこの出版社」ってところまではたどり着けると思うの
 ね。でも、「この本」って同定できるヒントは何にもないでしょ。本の題材になった事件を知っ
 てれば別だけど、その場合はもう即効答にいっちゃうから話成り立たないし。
  でもってどうやって「あの本」を二人が見つけだしたかというと、これがまあ実に何とも呆然
 とすることに「偶然」。おいおい、こんなんありかーい。
  あの本ではあれがラストの殺人だったじゃないですか。もし、これだと気がつかなかったら、
 犯人さん一体どうするつもりだったのだ??
 

  しかもさ、動機が結構明確なんだよね、この人。
  だったら何ていうか、もう少し……過去の事件とか、彼自身の気持ちにつながるような殺人を
 していくもんだろうと思うんだけど(彼が昔の「彼」である、ってことは知られてないんだから、
 それをやったところで彼自身が危険になる訳じゃないしね)、なんか、動機とやってる殺人とが
 完全に乖離しちゃってるのね。「その殺人でなければならない必然性・切迫感」というものがな
 い。
  で、なければないで実はいいんだけど、その割に動機を語る時にはすごい逼迫してて、熱いの
 よ。「もうこうでなくちゃいけないんだ!」っていう異常な思い込み。なのに、それまでの殺人
 にはそれが全くないので、木に竹をついだような非常な違和感がある。そぐっていない。
 

  ……と、まあ、その辺りの不満も非常に多いんですが……こっち方面のことは、何分、わたし
 がミステリ者であるというその一点のせいであって、映画のせいではないと思うのね、多分。
  わたしはそっち方面に過剰に期待して見ちゃって外された訳だけど、おそらくこの映画が見せ
 たかったのは、別のことなんだろうと。
  殺人の論理とか動機とかいうことは多分どうでもいいんだと思う。ただ、「追う者」の姿、闇
 にとざされた空間から「謎」を見抜く眼光、彼女の知性とたくましい心に触れて甦っていく男の
 魂、つながっていく二人の心……そういう、「狩人」達の姿が描きたかったんだろうなと。
  だから、そっちにだけ注目して見ていれば、確かに非常にエキサイティングで面白く、その上
 じんとしてドキドキもする、よくできた映画だと思えるんだろうけど(苦笑)。もうこれは宿命
 だぁね。仕方がない。わたしは骨の髄までミステリ者なのだ。

  2000.5.31
 
 
 

  ……だが、だがしかし、どうしてもあれだけは納得いかん、怒りと失意にまみれて自宅のア
 パートに帰った彼女、あれを追ってきた犯人のタクシー、あの映像には一体何の意味があった
 訳!??
  そう、犯人の動機がアレで、しかもどう見ても犯人はあの一連の殺人行為そのものにはさして
 執着を持ってない、ならば最終目的の男の前に「彼女」を狙うのが当然ではないか。これ程に男
 に打撃を与えられる殺人ってないもん。
  にも関わらず、彼は彼女にはぜーんぜん手出しをしないんですね。なら、それならば、あの雨
 の夜の映像には何の意味があった訳(怒)?
  その後の「謎の訪問者」と合わせても、これはもうどう考えても「ただの観客ビビらし」でし
 かない。そのあまりに安っぽいやり方に、かなりうんざりしてしまった。これがなかったら、ま
 だホントに、二人の姿を描いた映画としてそれなりに評価できたんだけどなぁ。

  ……でもヒロイン役のアンジェリーナ・ジョリーは良かった。多分大勢の人が思っていると思
 うのだけど、何てったって唇が良い(笑)。鼻の下に綺麗にラインが入ってて、彫刻のようにそっ
 てめくれた上唇。厚くぼってりした下唇。いやいや、これはたまりませんね(更に笑)。

  ……それにしても、わたし、セルマさんが非常に好きだったんですが、あんなことになってし
 まうとは。しかも、「クリスマス」の時に一言くらい彼女を悼むようなことを言ってくれるかと
 思ってたのに、何の言及もなかった(泣)。あんなに献身的に尽くしてたのに……ああ、可哀想
 だぁ〜〜。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る