『ボンベイ』(原題:Bombay)

  異なる信仰を持つ二人は、惹かれあい結ばれる。だがその先には、辛く苦しい体験が待ってい
 た……実際に起きた宗教事件を背景に、恋と信仰と人間愛を説くインド映画の超大河作!
 
 
 
 
 

  ……実はわたくし、この映画を冷静に語るには、相当な精神力を必要とします。
  何故なら、抑えても抑えてもつい流れていきそうな筆先を制御するのに必死だから。
  一体どちらへ流れていってしまうのかというと……そう、この人、「インドの妖精(命名・
 わし(笑))」、マニーシャ・コイララ!!
  ああ、もう、何て綺麗なんでしょう。笑っても泣いても綺麗。怒ったり拗ねたりしてる顔もい
 い。ことに、アラりん(アラウィンドスワーミの略(笑))に迫られて、「んもう、あなたって
 人は!」って感じではにかみながらふくれてみせる顔がもう!!!!! ああ、結婚したいい。
  ……はっ、いかんいかん、こうならないように必死にこらえているのにっ。自制だ自制。
 

  しかし、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒同士の恋、反対されて駆け落ちし、子供も生まれるが
 宗教同士の暴力事件に巻き込まれ……などと筋だけひっこ抜くと、これはもうおそるべきシリア
 スで重たく暗い社会派映画、と思ってしまいがちなのだが、おそるべきことにこの映画、見事な
 までに「娯楽大作」なのだ。いや、勿論「社会派」でもあるんだけどさ。実際、公開当時はイン
 ドでもいろいろ問題にされ、監督自身もかなり危ない目にあったとか。
 

  けどねえ、普通はねえ……そういう映画をつくろうと思ったら、最もリキが入るのはその「社
 会派」部分、そしてそれ以外の部分は、いわばそれをサポートする刺身のつまみたいなもんでしょ
 う。悲惨な事件をひきたたせる為に、二人の美しい恋愛や幸せな家族の姿をあらかじめ見せてお
 く。
  ところがインド映画おそるべし、その「刺身のつま」たる部分まで一歩たりとも力を抜かない。
 いや、下手するとつまだけでもうお腹いっぱいになってしまう程に盛り込む盛り込む。しかもそ
 のつまが、実にそれだけで満足できる程美味なのだ。
 

  この、隅から隅まで見所のたっぷり詰まった映画を3時間堪能すると、もうお腹は満杯。十二
 分に満足して、結果、判断力が多少鈍くなる。普段なら「ホントにこれで解決するの?」とか
 「こんなにうまいこといく訳ないやん」などと斜に構えてしまうところが、もう怒濤の感動のが
 ぶり寄り(笑)。滝のように涙を流しつつ、「うんうん、これでいいんだ!」と何度も何度もう
 なずいてしまうのである。インドパワーおそるべし。
 

  そしてこのマニラトナム監督という人は、子供の使い方がおそろしく上手いんだよね〜。
  二人の間に双児の兄弟が生まれるんですが、この子達がもう絶品。
  特に、事件に巻き込まれ、離ればなれになった後、ようやくめぐりあうシーンはたまりません。
  お互いを見つけて、涙をふいてにこっと笑う。あああ、可愛いい。この唇!
  家が恋しくなったりとか、怖い体験を夢に見て泣いたりとか、そういう細かいところにまでい
 ちいち気が配られていてすごい。どうやったらこんな演技させられるんだろうなー。
 

  そしてインド映画といえばこれ、「歌と踊り」も勿論絶品ぞろいです!
  ことに「俺のマニーシャ」の魅力大全開の「いとしい人(カンナーラネー)」はいい。他人の
 結婚式に来て何をやってるんだ君達は、という気もするが(笑)。アラりんの視線をはっきりと
 意識しつつ、それにとまどうように目を伏せて身を翻し踊る白い衣装のマニーシャが美しい。曲
 もすごく切なくて綺麗です。好き過ぎて歌詞を覚える程聴いてしまった(笑)。
  何故か海辺で、演歌歌手のように荒波を全身に浴びつつ仁王立ちするアラりんの元へマニーシャ
 が走る「僕のいのち(ウイレー・ウイレー)」もいい。マニーシャの真っ青なサリーが息をのむ
 程美しいです。パンフやサントラのジャケットにもこの姿が使われている。
 

  ……しかしこう見ると、ほんとアラりんって踊らないわね、新婚初夜のダンスでも別人が代理
 ダンスしていたわ、と思うのだが、そんなアラりんがちょこっとだけ動きを見せるのがこれ、
 「クッチクッチ・ラーガンマー」。
  はっきり言って、旦那が奥さんに「子供つくろうよー」と迫っている、ただそれだけの歌なん
 ですが(笑)、何かわたし、これ何とも言えず好きですね。平凡で、輝かしい幸せというものが
 画面の隅々にまで満ちみちている。涙が出そうになる程です。
 

  2000.6.20
 
 
 
 

  ……何に度胆を抜かれたって、出産シーンまでリズムに乗ってるとこに激笑してしまいました。
 すごいぞ、インド人。
  その後の家族そろった幸せな姿もいいですね。じんとくる。

  ……しかしこのお爺ちゃん達、頑固な癖になんて可愛いんでしょう。んもう、もっと素直にな
 ればいいのにい。
  この姿がとっても良くて、それだけにあの展開は悲しかった。子供が無事でそれは良かったん
 だけど……ううう、いいお爺ちゃんだったのになぁ(涙)。

  ……それにしてもラストより何より納得できないのは、「何故マニーシャがアラりんに一目惚
 れする?」ということでわ(笑)。いや、逆はもう大変に納得がいくんでございますが、こちら
 はどうもねぇ。(笑×笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る