『バジル』

  僕は幼き日の夢物語を捨て、「貴族」にならねばならない。だが出会ってしまった、親友、そ
 して運命の女に。僕はすべてを彼女に捧げた、そして……訪れる裏切りと破局の日。
 
 
 
 
 

  これ、運悪く、実に最悪の鑑賞状況でしてねー。
  ひとつ席をあけた隣のおばさんが、花粉症なのか、最初から最後まで数十秒程の感覚で、ずう
 ううっっと、鼻をすすりあげてるんです。無音のシーンなんかでも全然遠慮なし。しばらく合間
 があいて、映画の方に意識が入りかける、その絶妙なタイミングでまたすするんである(爆)。
 激しく集中を乱されて、映画が終わった時には頭痛がする程でした。薬くらい飲んでこいや(怒)。
  わしなんか風邪ひいて鼻水ずるずるでも、タオル持っていって押し当てて我慢するっちゅーね
 ん(汚い話だが(笑))。
 

  そんな訳であまり映画に没頭できなかった為か、あらばかりが目についてしまった。多分冷静
 になって見ればもう少しははまれたと思うんだけど……。
  マニヨンが現れた段階でその後の展開がすべて読めてしまうのはまあ良しとしても(笑)、そ
 れならそれで、もう少し撮り方ってもんがあるだろう、こうやればもっと面白いのに、こうすれ
 ばもっと盛り上がるのにぃ……と、いちいち思ってしまう。物語的には充分おもしろい話だし、
 役者が誰も彼もぴたっとはまっていて実にいい感じで、しみじみと勿体ないと思うのでした。
 

  しかし、原作つきだから話を変えようがないのは当然なのであるけれど、それにしたってあの
 親父の言い訳は何とかならんのかい。
  「男盛りの燃え盛る情熱」爆発なのは別にいいけどさー、何もあんな真っ昼間から誰に見られ
 るとも判らん自宅の庭でそんな情熱を発露させなくてもいいと思うのだが、どうか(笑)。
  しかもさ、相手の女の立場はどーなる。「男の情熱」は勝手だけどさー、なんで感情的な思い
 入れも全然ない女がそんなもんのはけ口になってやらなきゃならんのだ。迷惑だ。一人で始末し
 ろや、一人で。
  「こーゆーのって男の本能だからー」てのは最もずるこい男の言い逃れだと思うのだが(「男
 の本能」じゃなくて「人間の本能」だろ、と思うのだ。男がやりたいなら女だってやりたいよね)、
 パンフ見たら女性監督だったんで、もうびっくり。
  ジュリアもクララも、バジルの母も、タイプは違えど(クララとバジル母は同タイプだけど)、
 男が「こんな女ってええなー」と望むタイプそのまんまです。勿論大筋のストーリーそのものは
 変えようがないにしても、もっと性格を際立たせるエピソードを入れるとか、親父の言い訳をもっ
 と別のものにするとか(こんな最低の言い訳をされるくらいなら、「あのメイドの女に恋してし
 まった、あれが縛られた人生の中で唯一の恋だったのだ」とか言われる方がまだ許せるぞ)でき
 るだろうに。せっかく女という性別に生まれながら、この部分の視点がこんなに古臭いまんまで
 いいんだろうか、この人。ラブシーンも全然色気ないし(笑)。
 

  と言いつつも、ジュリアのブルー・ドレスは美しかった。そしてバジル、ジャレット・レトの
 ゼリーのようなブルー・アイズの輝き!
  徹底的に青が美しい映画だ。

  1999.4.3
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る