『ぼくのバラ色の人生』

  僕がしたいことをすると、ママはとても悲しむ。それは判ってるんだけど、でも僕にはそれを
 変えることができない……ねえ、ママ、僕は「変」なの? 「おかしい子」なの?
 
 
 
 
 
 

  重たくて、何だか席を立つ気力もない。
  じっとりとしたかなしみで、心はびしょびしょだ。
  せめてもう少しハッピーに終わってくれると勝手に期待していたのに。
 

  結局、誰も「理解」してはいないのだ。
  一番の味方であるおばあちゃんでさえ、「好きにやらせればその内飽きる」という認識のみに
 とどまっている。
  ラストで母親は一見彼を受け入れたようであるが、これは違う。母はヒステリーに任せてリュ
 ドを打ち、「彼のせいじゃない、自分が無理にやらせた」と言うクリスの言葉で初めて我に返る。
 すなわち「リュドは自分の言い付けを破った訳ではなかったのに、自分はリュドを責めた」とい
 う認識をし、それに基づいて「反省」したのだ。
  これがもし、彼が服の交換を申し出ていたのであれば、母の心は氷解しなかっただろう。
  「自分の言ったことを守ったいい子」であったから、彼は最後に受け入れてもらえたのだ。
  彼の性癖が本当に祖母の言う通り、「一時的な興味」ですめばともかくも、そうでなかった時、
 彼の身に再び同じ苦しみがのしかかることは疑いがない。
 

  それがはっきりと判って、重かった。

  1999.2.10
 
 
 

  ……また、何とも言えない後味の悪さを感じてしまったのは、リュドが描く「女の子の夢」、
 そしてそれを象徴する「パムの世界」がねえ……だってこれ、あまりにもあまりにも、「ひと昔
 前の男が抱く夢の女性像」なんだもん。
  胸の谷間を強調したドレス、ミニのスカート、ブロンドにブルー・アイ、高いヒール、子供番
 組とは思えないふんぷんたるお色気(笑)、しあわせは好きな男との結婚……これは、今どき女
 の子でも夢見ない方が絶対にいいと思うのだが、どうか(笑)。
  「男の子が女の子の世界に憧れる問題」よりも、「憧れる世界があまりにもいびつで歪んでい
 ることの問題」の方がわたしにはずっと気になってしまった。
  もしもこの先リュドが、まわりの理解も得て心身共に「立派な女性」になったとしても、憧れ
 ている世界がこれじゃうちのめされると思うよ(笑)。

  ……しかし実はリュドよりもジェロームの方がこの先の問題はより深刻な気がしたり(笑)。
 彼はこの先、女性と普通に恋愛できるのだろうか?

  ……色づかいが、すごかった。原色がちっとも嫌味ではなくて、ピエール&ジルの写真みたい。
 美術の人がファンなのかと思うくらい、世界がそっくりでした。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る