『白い風船』

  もうすぐ楽しいお正月。でもうちには、新年を祝う為の白くて太った金魚がいない……少女ラ
 ジェが「金魚を買いに行く」たったそれだけの話をここまで魅せるイラン映画の傑作!
 
 
 
 
 
 

  世の中にはびこっている「子供が主役」の「子供」は、実は大抵、「大人用の子供」だ。
  大人の視点から見て、「まあ子供なんてせいぜいこんなもんだろう」となめた描写しかされな
 かったり、あるいは一見、子供の側からものごとを描いているかのようで、実は大人の都合や論
 理の域を一歩も出ない子供。
  だがこの映画の主人公・ラジェは違う。とことんわがまま。欲しいものは欲しい。一度思った
 ら一直線。子供と見ると「純真」とか「無垢」とかいう雰囲気がいいなあ、と思うタイプの方に、
 ぜひ見ていただきたい映画です。
 

  映画を見ていると、ところどころで、かなり腹が立ってしまったりするのだ。何だよ、みんな、
 大人だろ。話聞いて、何とかしてやれ。大事なお金、取ったりするな。親父、わがままにも程が
 ある。
  けれども、見終わってはたと気がついた。
  それはみんな、わたしが「ラジェの目線」になっていたからなのだ。
 

  冷静になってよく考えてみたら、世の父親なんて大体あんなもんです(笑)。「何でお父さん
 だけ?」って気持ちは、大抵の子供は小さい頃に何度となく味わっている筈。
 

  そして大道芸人、これは、映画の真っ最中には「ああ、どうしよう、お金が取られちゃうよ〜」
 と不安で不安で、腹も立ったもんです。「どうしてこんな意地悪するんだよう」って。
  でも、ですね。
  もしも、自分が大人の、ギャラリーの一人としてあの中にいたら。
  そうしたら……多分、自分は微笑んであれを見守っていたと思うんですね。止めもせず。
  それはあれが、はっきりと「芸の一部」だからです。
  芸人がラジェをからかっている、そしてそれを芸に組み入れてまわりの人間に披露している、
 ただそれだけ。本気でお金をまきあげようなんて思っていない。
  それが大人達には見えているから、芸人の言葉を真に受けて涙ぐんでいるラジェの姿は、ただ
 ただ可愛く、微笑ましいものでしかない。けれども当然、ラジェにしてみたらこの状況は、とん
 でもなくおそろしく、殆ど人生最大のピンチな訳です。
 

  芸人はラジェにお金を返しながら、「もう終わったんだからね」と言う。それは、今までの一
 連の行動が「芸」であったことをはっきりと示しています。
  そして、「俺の見世物は笑いの為だ。さあ、笑って。そしたら、金を返してあげよう」と言う。
 この台詞、とっても良いですね。また、そう言われて涙の残る頬でにこお、と笑うラジェの可愛
 いこと!!! ああ、頬ずりしたいい(笑)
 

  それに気がついてみると、それまでものすごく身勝手に見えていた大人達も、「でも、もし自
 分がこっち側の立場になってみたら大体こんなもんだろう」ということが判ります。けれどそれ
 がまるで極悪非道のふるまいのごとく見えてしまうのは、見ている自分が完全に「ラジェの気持
 ち」になっているから。花嫁さんのように白く、太って、ひれがダンスしているみたいに動く、
 そんな金魚を買ってくること、それが世界で最も重大な用事になっているから。
  こんなにも簡単に「子供の視点」を取り戻せる映画を、わたしは他に知りません。
 

  そしてこの映画の奇跡はラストだ。
  それまでずっとラジェの視点を貫いてきた画面が、突然脇の風船売りの少年にシフトする。
  この瞬間を見る為に、この映画は存在していると言っても良い。
 

  2000.6.20
 
 
 
 
 

  ……何より好きなラジェの理屈は「ダメと言われると余計見たかったの」。そう、そうなんだ
 よね、これが!
  新年用の服を、早々と着てしまっているところも好き。お母さんからしたら、「どうせもうす
 ぐ新年なのだから、それまで待てばいいのに」ってな感じなのでしょうが、それが待てないのが
 「子供時間」なのだ!(これで、新年になってまた別の服を欲しがったら完璧なのだが(笑))

  ……しかしどおおおおして、ラジェってこんなに可愛いのだ? このふくふくしたほっぺた!
 つんつんつついて、更に泣かせたくなりますね(笑)。大きな黒目にいっぱい涙がたまっている
 姿があいらしい。こんな顔でおねだりされたら、わたしなんざもうメロメロだわ(更に笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る