『バッド・エデュケーション』

  遥か昔、幼い日の中に封じ込めた秘密と愛を一冊の台本に託して、彼は帰ってきた。だが何か
 が違う、そう、何かが決定的に違っている……アルモドバルが撮る、愛の極北。
 
 
 
 
 
 

  決して描かれないシーンがある。  
  『訪れ』の、本当のラストシーンだ。  
  かつてイグナシオが書いて、マノロ神父が読み、弟が手に入れ、最後にエンリケの手に渡った
 物語。  
  4人とも、それがどんなラストなのかを知っている。  
  けれどもエンリケの手でラストは変えられ、悲劇にされてしまう。  
 「この物語にハッピー・エンドは似合わない」というエンリケ。  
  けれども彼がそう物語を変えたのは、読んだ、その最初の赤入れではなく、イグナシオの真実
 を知ってからだ。  
 「これは僕たちの物語だ」とイグナシオは言った。  
  本当なら、幸せに幕を閉じる物語だった。  
  そこでは二人はどんな会話を交わし、どう手をつなぎ、どこに旅立ったのだろう?  


  もうとにかくですね、このイグナシオとエンリケがまさに「純愛」です。胸がきゅんときます。  
  実際のところ、あの学校で彼等が互いに心通わせた時間はものすごく短いのです。  
  そしてそれから16年、手紙のひとつ無く、顔をあわせることもなく違う道を生きてきた。  
  なのにイグナシオは頭から信じている。自分の愛を、そして彼の自分への愛を。  
  それはぎりぎりに追い詰められた境遇で縋れるたったひとつのものだったからなのかもしれな
 い。だとしてもこの勁さは尋常なことではないです。  
  そしてエンリケ、彼ももうたまりません。  
  彼に至っては、自身が身を苛まれた訳ではなく、その後の人生もおそらくそれなりに順調で、
 そして今はこの若さで成功を勝ち取っている、なのにあの、子供時代の一瞬の愛を手放さず保ち
 続けている。凄いことです。  


  このエンリケがもう切なくて切なくて。  
  再会してもう嬉しくて嬉しくてしょうがないんだけど、でも再会した彼はなんか違う感じで、
 名前でも呼ばせてくれなくて、多分その時、失望したんでしょうね。長い長い間大事にしてきた
 恋、それが一瞬で失恋してしまったようで。
  こんな想いを保持していたのは自分だけ、相手はもうまるっきりそんなところを過ぎ去ってし
 まったんだ、そう、苦く。  
  けれども渡された台本を読んで彼の心は喜びに躍り上がる。  
  自分だけじゃなかった、彼もまた、自分ひとりを「人生の恋人」と定めてこの16年の別離を過
 ごしていたのだと。  


  だからこそ、その後の喪失は胸に応える。  
  何かが違う、彼は自分が16年想い続けてきた相手とは違う気がする……人は確かに時が立てば
 変わるものだというのに、エンリケはそれを信じていない。と言うより、「自分の心の中のイグ
 ナシオ」を固く固く信じている。
  それと違うなら、それはもうイグナシオではないのだ。どんなに美しい姿をしていようが、立
 派な人間であろうが。  
  「本当のイグナシオ」は、どんな姿でも、どうしようもない麻薬中毒でも、その奥、その芯に
 ある「イグナシオの真実」が、「エンリケの心の中のイグナシオ」ときっと全く同じかたちなの
 に違いないと思う。マノロ神父なんざは、あれだけイグナシオイグナシオ言うてた癖に、大人に
 なってあんなグロテスクな姿になった彼には一指の興味も抱かず、美形の弟にすぐに夢中になっ
 て溺れてしまうが、エンリケはびくともしない。ばっちりやることやっちまっても、心はかけら
 も与えない。心は彼だけ。彼ひとりのもの。  
  なんて純情だろう。  


  ……と、これだけなら幼い少年の日の一途な想い、それをよってたかって引き裂かれて、でも
 互いに固くその心を持ち続けた二人、不幸は不幸を呼んで再会は悲劇に終わったけれど、君の遺
 した愛は永遠に変わらない、というだけのことで、同性同士とか聖職者の冒涜とか麻薬中毒とか
 脅迫とか殺人とか、一見スキャンダラスな要素はあっても、基本ラインは比較的判りやすいもの
 なんだけれど、これをひとねじりして強烈なものに変えているのがアンヘル、ガエル・ガルシア・
 ベルナルの恐るべき存在感だ。  


  「キサス・キサス・キサス」でもうばったりノックダウン。何だあの色っぽさは!!  
  そして何だあのウエストのくびれは。ふくらはぎのラインは。きゅっと締まった足首は。  
  参りましたガエル・ガルシア・ベルナル。あれは、もし彼氏を寝取られたとしても決して文句
 は申しません。と言うか、口惜しいかも。「オレがガエルとつきあいたかったよ!!」て。ガエ
 ルに「彼氏」になってほしいんではなく、自分が男になって、「女」のガエルとつきあいたい。  
  マジな話、エンリケ役のフェレ・マルチネス、「ガエルとのベッドシーンは男にも女にも嫉妬
 されちゃって大変だったさあ」てなことパンフで申してましたが、確かに嫉妬した、あれは。そ
 れも、「ワタシだってガエル君に抱かれたいわ!」という方向ではなく、「オレだってガエルを
 抱きたいよ!」という方向で(笑)。  
  何だこれは。倒錯しまくりです。大混乱です。  


  正直、イグナシオとしてのシーンや、弟としてのシーンだけでは、確かに美形だしワルだけど、
 それ以上の異様な輝き、までには至っていないと思うのですね。  
  やはりサハラである時のパワーが凄まじい。  


  だからここで、混乱してしまう。  
  兄のことはお荷物だった、いつもいつも厄介で、家族にもひどいことをして、消えてしまって
 も痛くもかゆくも無い。麻薬を直接渡さないのだって、別段良心が咎めるからじゃない、自分が
 罪を被りたくないから、それだけだ。  
  そしてのしあがる為なら心も無い相手でも平気で寝る。多分この人、通常の状態ではまるっき
 りノーマル嗜好なんだろうと思うけど、目的を果たす為なら相手が同性でも全く躊躇が無い。自
 分の魅力を十二分に承知していて、それを武器として存分に使用することを厭わないし、それで
 自己が損なわれたりも全然しない。強く、ふてぶてしく、傲慢な魂。  


  けれども「サハラ」である時、彼は確かに、サハラの痛みを、それはすなわちイグナシオとし
 ての深い痛み、そして長い長い間持ち続けた愛と復讐の念をあますところなく体現しているのだ。  
  だから混乱する。  
  この堕ちた天使の心、かなしみ、涙、傷。  
  自分が死に追いやった彼の心をここまでぴったりと寄り添って吸い上げられる、人を裏切るこ
 となど痛くもかゆくも無いというのに、愛する相手の為に初めて身を売って裏切られた彼の裂け
 た心をこんなにも完璧に演じ切っている。  
  一体それは、どんな悪魔なら可能なことだというのだろう。    


  だがそうやって演じることで、何かが彼の心にも染み通ったのだろうか?  
  兄の心にぴったりと添うことで、彼にもその痛みが刻まれたのか?  
  サハラの企みが阻止され、無惨に連れ去られるシーンの後、彼はカメラが止まった後もひたす
 ら泣き続ける。  
  そしてエンリケとの別れに、ずっと手元に残していた兄の最後の手紙を手渡す。  


  多分それは、単に神父を脅す為に他の手紙とも一緒に保管していただけの物だったろうと思う
 のだ。何せ兄の死後、他の兄の持ち物はすべて、自分が利用できる台本を除いて何もかもすべて、
 きれいに焼いてしまったような男だ。こんな一文さえ完成していない、訳が判らない代物などを
 感傷的に残しておいたりなどする訳もない。  
  けれどもその手紙を、彼はエンリケに手渡す。  
  少なくともそれは、彼がイグナシオとエンリケの深い結びつきだけは確実に理解をしたからだっ
 た、そう思いたい。  


  これでやっと。  
  その後に、何が続いたのだろう?  
  ハッピーエンドで終わった物語、それと同じ結末をその時彼は信じていた筈。  
  まずは麻薬を体から抜いて、今度こそ真っ当な人間になって、残りの体の改造も終わらせ、新
 しい、ぴかぴかの、まっさらな女の体になって……  


  ……そして、逢いにゆく?  
  エンリケ、これでやっと……君に逢える?  


  きっとどんな姿で逢いに行っても、拒まれることなどなかったのに。  
  どんな姿でも、イグナシオがイグナシオである限り、エンリケは彼を愛し続けたのに。  

  2005.5.14




  ……それにしてもサハラにあれだけリキ入ってて、そのサハラが想い続けた相手であるエンリ
 ケ役があの程度っていうのはいかがなものかと思うのですが、エンリケ監督?(笑)  
  なんか、眉つながってたし。パンチ入ってたし。うう。  

  ……少年イグナシオの歌声がまさに「天使の歌声」!  
  ムーン・リバーの出だしなんかもうびっくらですよ。どんな高い位置から声が出るんだ。  
  サントラ欲しいー。  

  ……だがしかしですね、「女」としての色気はそれはもうガエル君がぶっちぎりなんですけど
 も、「男」としてセクシーなのはフェレ君ではないかしらと思うのですが、どうか。  
  この「目」がねえええ。たまりません。なんてか、爬虫類顔だよね←注・褒めてます  
  髪型がまた合ってるんだ、この顔かたちに。いいな。  
  プールで濡れネズミになった後のたたずまいなんか、絶対フェレの方が色気度勝ってるよ。  

  ……と思いつつベッドシーンではやはり「ヤツと成り変わってこのオレがガエルと!」となっ
 てしまうのは何故なんだろう(笑)。我ながら本当に倒錯しております。  

  ……サハラになる為にガエル君はそれはもうものすごい特訓をしたそうですが、何よりすごい
 と思うのは、ハイヒールであれだけしっかり歩けること(笑)。  
  えー、わたし、無理です、はい。女として負けてます。そもそもこの幅広の足をおさめてくれ
 るハイヒールが無いしさ。でもガエル君、ちゃんと先のとがったヒール履いてたなぁ。すげえ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る