『バベル』

  ひとつのボタンのかけ違え、言葉の狂い、届かない音、そこからどうしようもなくきしむ世
 界、揺らぐこころ。薄いガラスのように壊れやすい心と体に、今夜小さな居場所が輝く。  





  理不尽という辛さは、他に類を見ない。  



  例え様もなく非道い目にあっても、それに何か、なんだっていい、傍から見たらどんなめちゃ
 くちゃなことだっていいから、「こうだからだったんだ」と思えることがひとつでもあったら、
 それにすがりつくことでまだ少しは心の平常を保てる。  


  けれど自分の陥っている苦境について、「なんでこうなってしまったのかさっぱり判らない」
 時、その辛さは際限なく心身を蝕む。  


  例えその理由が、「自分が悪い子だから」でも、「自分が愚かだったから」でも構わない。
  もしくは、「相手がろくでなしだったから」だっていい。
  どんな筋の通らない理屈でもいいから、何かに心を押しつけられれば、それで少しでも楽にな
 れる、なのに。  




  さっぱり判らない。  


  どれ程考えても、毎日毎日考え続けても、どれ程必死でもがいても、決して判らない。  


  ときどきは判りかけるような気もする、こうなのかも、とあぶくのように思う、けれどそれは
 浮かんでは消えて、やはり違う、何かがちぐはぐで、そうじゃないと思う、でもじゃあ一体何だ
 というのか、そこにどうしても辿り着けない。  
  際限なく病み続けるこころ。  
  そして止めようもなく壊れていく世界。  




  何故こんなことになってしまったのだろう。  
  こんなに不可解な世界の中で、次の一歩はどこを向けばいいのだろう。  


  どこに戻れば、どこからやり直せばこうはならなかったのだろう。  


  自分は何を間違ってしまったのだろう。  



  どうしたら伝わるの?  
  どうしたらこのこころを埋めることができるの?  
  どうしたらわたしのこころがあなたに届くの?  
  判らなくても超えられるものが本当にあるの?  



  何故わたしなの?  

  何故あなたなの?  



  何故?




 2007.05.28  




  ……ものすごく良い映画だったのですが、ものすごく酔いました(泣笑)。だから、苦手なん
 ですよ画面がひゅーっと動くのって!  
  映画配給会社には、Rマークだの何だのつけるより、「画面酔い予防推奨マーク」をつけてい
 ただきたいです。心から。  

  ……大変に素晴らしい演技ではあるのですがそれでもやはり菊池凛子が女子高生というのは日
 本人から見たら大変な無理があるかと(笑)。日本人は若く見られがちだから、白人の方からし
 たらまだまだ子供に見えるんかもしれませんが。
  「君はまだ子供だ」て台詞に、つい「いやいや」と内心で突っ込み入れてしまいましたよ。  

  ……しかし凛子嬢も凄いですが、何に感服したってユセフ役のブブケ・アイト・エル・カイド 
  ですよ。この子凄まじいですよ。なんでこの子にアカデミー助演賞をあげなかったんだ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る