『アルナーチャラム』(原題:Arunachalam)

  何、困っているのかい? アルナーチャラムにお任せさ! 30日で3億円を使い切る、そん
 な賭けだって奴にかかればお手のもの。ラジニカーント、今度も歌って踊って魅せまくり!
 
 
 
 
 

  いやいやいや、おもしろかった。堪能しましたー。歌も良かった。
  しかしラジニは、ほんとにこーゆー役が似合うなぁ。正義漢で人情家で、ちょびっと気障で自
 信過剰でいたずらっ子。ある意味こんなベタベタな役をやって、こんなにも嫌味がないのはやは
 り人徳か。
 

  今回はいろんなパターンの決めポーズがあって、インドの皆さんもさぞ鏡の前で練習に忙しかっ
 たことだろうなぁ(笑)。「アルナーチャラムにお任せさ」のポーズが一番好きかな。
 

  それにしても、恋人の父親が金に困ってるんだから、別に貸したりあげたりしなくてもとりあ
 えず何か仕事を与えて給料というかたちで渡しちまえばいいのに(笑)。って、それをやったら
 話が盛り上がらないんだけどさぁ。
 

  しかし、『アンジャリ』パパ、絶対あれは悪役顔だと思っていたら、思った通り実に腹黒い役
 で出てきてとてもしあわせでした(笑)。
  それから、アルナーチャラムの育てのパパさんは、ちょっと思い出せないんだけど、いつもは
 悪者側の人だよね? なんか、あの顔でいとも楽し気にダンスをしてる姿がたまらなくグーでし
 た。
  それにしてもお婆ちゃん、顔怖すぎ(笑)。
 

  だけど一番「イヤな奴」って思ってしまったのはヴェーダヴァッリのパパですね。
  お婆ちゃんも、悪役も、状況が変化しても自分がこうやろうと信じたことをちゃんとやってる
 じゃないですか。だけどこの親父ときたら、アルナーチャラムが金持ちの長男の時にはさんざ結
 婚を勧めておいて、孤児だと判った途端に手の平返し、そして実はもっとすごい金持ちの子だと
 判ってまた腰が低くなり、けれど金を貸してくれないとなったら「彼は金持ちになって変わった
 んだ、そういう男なんだ」って。アンタ自分の態度を振り返ってものを言えよ。挙げ句に借金の
 片に娘を売るし。
  お婆ちゃんはこの辺さすがに一本筋が通ってて、いくら大金持ちの子供と判っても、そのこと
 だけでは態度を翻さず、彼の立派な人間性を目にして初めて心を開く。だからこの人は、なんか
 嫌いになれないんですね。
 

  ばっちり3億使いきって、ホテルの部屋で目を覚ますシーンがとても良かった。家具や衣装が
 次々片付けられて、夢の終わりを告げるように白い仕切りが閉じられる。廊下にずらりと並んだ
 ホテルマン達が、一言も言わずにただ敬意を込めて頭を下げる。祭りの後のようにものがなしく
 て、じんとくるシーンでした。この映画に得ることなんて何もない、なんて、立川談志、病気で
 目までいかれたんじゃないのか。

  1999.9.4
 
 
 

  ……しかしさー、このパンフレット、何とかならんかな。付録は確かに豪華なんだけど、パン
 フレットそのものがしょぼすぎる。もう毎回同じような文章を載せるのはやめようよ。「インド
 映画おもしろBOOK」のひきうつしばっかりなんだもん。がっかりだなぁ。

  ……それにしても、ランバー、あのおそるべき足と腹(爆)。
  こころなしか、サウンダリヤー(超キュート!)がダンスをしてる時より、バックダンサーが
 みんな太めに揃えてあった気が(笑)。うむうむ。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る