『ANNA+OTTO』

  何から何までが皆偶然だった。私達の間には、確かに何かがつながっている。どんなに隔てら
 れても、私達には「偶然」の力がついている……そして「最終の地」で、私達は再び出会う。
 
 
 
 
 
 

  ……納得できない。
  こんなのは、あまりにも理不尽だ。
  とても容認できることではない。
 

  だって、運命の二人だろう? 神様がつないだ、自分達で見い出した、離れても離れてもどこ
 かでつながっている、見えないゴムの糸で結ばれている、そういう二人だろう?
  あんまりだ。
 

  こんなにもきちんと「お伽話」の形式をとっていながら、突如ラストで翻されるこの反旗は何
 だろう。正直、自分には理解できなかった。何を狙ってのことなんだろう。このラストでなけれ
 ばならない必然性というものが自分には感じられない。こういう形式の語り口をとりながら、何
 故、ラストだけこうなるのか?
 

  けれどもしかしたらそれは、「人は偶然を意図してはならない」ということなのかもしれない。
  パズルのようにかちりとかみあった偶然の中を二人は歩んできた。時にその偶然が発生してい
 ることにすら気づかずに。
  離れてしまった自分達を再び引き寄せるのは偶然の力だけだと彼女は知っていた。だから、
 「最終の土地」で出会った老人が彼の名付けの元になった相手だという偶然を逃さず、彼に伝え
 た。そして、彼がパイロットになったことを知って、偶然の力が動き出し、自分達を確実に出会
 わせることを信じた。
 

  けれども彼は考え過ぎた。名前の由来、空から降ってきたパイロットを助けた彼の祖父、その
 「偶然」の出会いを自分の手で「演出」しようと考えた。
  きっとこんなことは企んではいけないことだったのだ。どうして流れに任せておけなかったろ
 う。必ず出会う二人の筈だ。あんな風に小賢しく造り出す必要なんかなかったのに。
  だから出会えない。目の前を通っても判らない。呼んでも気づかない。
  けれども彼等は運命の相手だ。だから引き寄せあう。母の死に出くわすという偶然の力による
 別離ではなく、一度意図をもって決定的にくいちがった歯車は、彼等をくわえこんだまま回って
 いく。そしてやってくるのは悲劇だ。
  あんなに呼んでも彼女は気づかなかった、なのに男は気がつき、彼を車に乗せる。彼にあの瞬
 間を目の当たりにさせる、それだけの為に。
 

  ……ああ、でも、彼女は知らない。すべてを大きな流れに任せていた彼女、押し寄せる世界の
 波を確かに感じていた彼女、彼女は彼のそんな企みを知る由もない。
  だから彼女は瞳の中に見い出す。
  最後の瞬間に瞳の中に映った彼、その姿から「真にあるべき物語」を見つけだす。そしてその
 中にダイブする。
  けれど、もう、何もかもが手遅れだ。
  最終の地で、すべてが終わる。

  2000.3.4
 
 
 

  ……しかしラストより何より納得できないことは、「何故そんなあっとゆー間にパイロットに
 なれる、オットー!」ということでわ(笑)。スペインのパイロット資格は、そんなにも甘いの
 か。新聞の広告で「パイロット募集」てのもあまりといえばあんまりで、笑ってしまったぞ。

  ……好みとしては、二番目のアナが可愛かった。大人になって、凄い目になったのね(笑)。
 『オープン・ユア・アイズ』でもこんな女にひっかかったらそりゃ男はただならぬことになるわ、
 と思ったが。

  ……しかし日本語で「上から呼んでも山本山」状態の名前って難しいですね。名字まで含めて
 いいことにしていろいろ考えてみたのだが(←ヒマ人)、ろくなものが思いつけなかった。「助
 川川助」とか(爆)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る