『アンジャリ』(原題:Anjali)

  アンジャリアンジャリ、りんごのほっぺ。突然家にやって来たその子は、天使の笑顔で皆を幸
 せにしていく。何故かスター・ウォーズばりのシーンまで見られる、インド映画の怪作(笑)。
 
 
 
 

  いやいやいやいや。実に何とも。
  この映画、わたしの数少ないインド映画体験史における数々の初体験をもたらしてくれました。
  1・初めて時計を見る(それも何度も)。
  2・初めて「つまらん〜、早く終わってくれ」と思う(それも何度も)。
  3・初めて「サントラが欲しい!」と1度も感じなかった。
 

  どこをどうやったらこんなにつまらん映画がつくれるのだろう。マニラトナム、大丈夫かぁ?
  しかし何より驚いたのは、タイトルが『アンジャリ』で、アンジャリ本人が登場するのに1時
 間以上かかったこと(笑)。タイトルまでに30分かかる「カランアルジュンショックウェーブ」
 を上回っている。
  それでもおもしろきゃいいんだけど、展開死ぬ程だるいしぬるいし。誰か何とかして(涙)。
 

  しかし、例えどんなシーンであっても100%全力投球して演技する俳優さん達の偉大さに感動
 しました(笑)。その一途さ、えらすぎる。
 

  1箇所だけ、ぐぐっと心臓に来たのはアンジャリの枕許にアヌがいて、それを見守るアルジュ
 ンがぱっと壁にもたれて上を見上げた時、その瞳がまるでゼリーみたいにこぼれ落ちそうにつや
 つや光っていたところ。なんて綺麗な目だろう!
 

  内容なんてどうでもよくなってしまう程のつまらなさなのだが、しかし一言。親父。あんたが
 すべて悪い(笑)。

  1999.5.15
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る