『アシュラ』(原題:Anjaam)

  私に必要なのは、大事な家族、やりがいのある仕事、小さな家。それを、あいつはすべて奪っ
 ていった。女は皆、誰かの母で娘で姉妹……だが忘れるな、復讐の神、それは女神。
 
 
 
 
 

  まずこれからこの映画を見ようというすべての人に断っておきますが、パンフは、買わなくて
 いいです。いやマジで。これで1000円とろうって神経が許せない。中身見ないで買った自分
 も悪いけど、こんなものだとはさすがに想像もできなかった。あの中身のぶ厚いの、みんな、た
 だのメモ帳です。しかも、質の悪い紙の。
  で、肝心のパンフ部分はうすっぺらく、中身なし。チラシがあれば充分です。
  インド映画のパンフって、いいものは普通にいいんだが、ひどいものがあまりにもひどすぎる。
  こんなことやってると、ドゥルガ女神の天罰が下るぞ。じゃなくて、客離れるぞ(笑)。
 
 
 
 
 

  …………きっつうううううう。
  画面に目釘付けにされながら、内心で何度も呟いてしまいました。
  もう何から何まできつすぎる。「超激辛マサラ・ムービー」とはよくも言ったもんです。
  これは……人によっては、もう全然ダメでしょうねぇ。だって、後味悪過ぎるんだもん。
  悲惨、と言うより、もはや凄惨、と言った方がふさわしい程、主人公の陥る状況はひどい。ま
 さに生き地獄。
  で、その後に復讐の女神と化す訳ですが……これが……どうもねええ。
  いや、勿論、こんなひどいことやった連中には何やったってええわい、とは思うんだけど……
 でもさー、この終わり方では、なんぼ復讐は済んだとはいえ、救いがないではないかー。
 

  とんでもない男にひどい目にあわされた上、堕落した警察や金が幅を効かせる社会の仕組みに
 激しく虐げられて「正義の戦いを始めるの」てのはいいし、その権利は彼女には十二分にあると
 は思いつつも、果たしてこれが本当に「正義の戦い」なのかは疑問だし。ただ単に「報復の戦い」
 ではないの? 彼等個人個人を殺したところで、あなたの復讐は達成だけど、この社会を歪めて
 るものが成敗されて正義が満ちた訳ではないし。
  ……まあその辺は、「必殺」の仕事人と同じようなものだと考えればそれはそれでいいんです
 が。ただこの彼女、言葉があまりにも立派なんで、その辺にちょっとひっかかってしまった。
 

  しかし、その「復讐の女神」シヴァーニを演ずるマードゥリー・ディーシクト、彼女は実にい
 いです。すごい演技力。
  何より目がいい。ダンスの時の豊かな表現もいいし、復讐の鬼と化した時の、表情の無い昏い
 輝きを放つまなざしには射抜かれるような感があります。
  体の動かなくなったヴィジャイの回復をみてとり微笑む顔もすごい。唇は笑ってるのに、目が
 笑ってない。ただただ報復の時が近づくのを喜んでいるだけの、幸福の無い微笑み。
  バリバリにフルメイクしてる時も勿論キレイなんだけど、刑務所にいる間や、出所してから復
 讐をする時に化粧を落として見せる素顔が息をのむ程美しい。白木の、彫ったばかりの木の香が
 する仏像を思わせます。
 

  そしてこの人、「悪役」シャー・ルク・カーン!!
  良いです。良過ぎます。きっと多くのインド人女性が、「シヴァーニ何考えとんねん、わたし
 やったら絶対シャールクとるわ!」思ったに違いない。何故なら、ワシがそうだからだ(きっぱ
 り←おい(笑))。
 

  ……いや、でもねえ、惚れた女の欲目を引いても、このシャールクはほんとにいいです。どう
 しようもなく壊れた人格と、その壊れぎりぎりにある無邪気さとを巧みに演じ切っている。最初
 にシヴァーニに迫る歌なんて、普通ならただ微笑ましいだけなのに、この駄々のこねぶりや危険
 を全く感じてない顔で車のトランクや屋根から身を乗り出して歌う姿には、何かぞっとするもの
 を感じる。「子供の無邪気さ」の裏にある「子供の残酷さ」が透けて見える気がする。
 

  シヴァーニは「あなたのそれは愛じゃない、ただの欲望よ」と言ってましたが、それは違うと
 思うなぁ。その後、ヴィジャイが否定して「僕の気持ちは純粋な愛だ、欲望みたいな汚れたもの
 じゃない」てなこと言うのも違うと思うけど。
  欲望のない愛なんてないと思うもの。愛のない欲望ってのはあると思うよ、そりゃ。でも、ヴィ
 ジャイのそれはどう見てもそういうこととは違うと思う。欲望だけで遠い外国にいる相手を4年
 間も想ってられないし、あんな切ない顔はしないよ。
 

  そう、特筆すべきはシャールクの見せる「恋する男の哀愁」なんですよ。特に、チャリティコ
 ンサートに出かけて、踊り子にシヴァーニの幻を見てしまうところなんかたまらない。苦さと切
 なさのいりまじったその瞳。古い手首の傷を無意識の内にそっとなでる指。
  帰宅途中で暴漢に襲われたシヴァーニに駆けつけるあたりもいい。ひたすら夫を求め、その胸
 にすがって泣く彼女、それをとり残されたように見つめるまなざし! ああ、もうメロメロ(笑)。
 

  これがあるから、何か、一口に「こいつサイテー」とは言い難いんですね。欲目引いても(笑)。
 世の「ストーカー」というところからは少し、いやかなりズレている感じがあるし。だって彼、
 少なくともアショークがシヴァーニを殴るまで、すなわち彼の目から見て「シヴァーニが不幸に
 見えるまで」は、決して二人の仲を壊そうとはしないんだもん。
  むしろ、シヴァーニを幸せにしたい一心だ。最初はちょっと「それって企みのひとつ?」と勘
 ぐってしまいましたが、そういう仕込みの類を彼は一切してない。「これが幸せである」と彼に
 考えられるすべてのことをシヴァーニに与えようとしてる。地位も金もある伴侶、豪華な邸宅、
 華やかなモデルへの道。
  間違いなく「恋」を彼はしている。でも、不幸なことに彼はその「顕わし方」を知らなかった
 だけじゃないのかなー。
  それは母親にその大きな責任がある感じがするが。「愛情をもって生きる力をわかせてあげれ
 ばきっと全快します」って……どうしてそんな時に、あなたは息子についててやらないの? い
 くら仕事が忙しいとはいえ、これじゃ息子一生このまんまだったかもしれんのに。
 

  そんな風に育ってしまった彼は、自分の素直な気持ちを素直な形のまま出すことができない。
  寺院に出かけて、そこで待っていたシヴァーニに結婚を迫るところは泣き入りそうになる。あ
 あ、どうしてこんな不器用で下手くそな言い方しかできないんだろうなぁ。どうして素直に非を
 詫びて許しを乞い、心から愛を打ち明けることができないんだろう。いや、そうやったって彼女
 許す訳はないけどさ(笑)。それでも。それでも。
 「愛していると言ってくれ」崖に突き落とされかけても、そう言い続ける彼の姿は切なく哀れだ。
 

  今まで欲しいものはすべて手に入ってきた、入らないなら壊した方がマシだと思ってた、そん
 な残酷な子供のままのヴィジャイ、でも……もしか、星のめぐりあわせがちょっと違っていたら、
 彼は変われたかもしれないのに。
  飛行機でビシっとシヴァーニに叱られ、不精不精ながらも謝るヴィジャイにはそのきざはしが
 ちらりと見えた。本当にもし、二人が結ばれていたら……彼はあんな変形した心を持った大人で
 ない、本当の「大人」になれたかもしれないのに。悲しい。

  2000.8.10
 
 
 

  ……しかしあの裁判官はひでえ。「傷害罪」ってアンタ、どう見てもヴィジャイがちょっと顔
 切られた傷より、シヴァーニ殴られたり蹴られたりした方の傷の方がひどいやん。

  ……と思いはするが、あんな些細な顔の傷が消えないのに、どーしてシヴァーニ、あんなキレ
 イさっぱり回復してるんでしょう(笑)。しかも実に元気そうだし。インドの医術は謎だらけ。

  ……謎と言えば、「障害が愛情で治っちゃう」てのも謎です。愛は無敵なのか。
  んでもって、シヴァーニがヴィジャイを治した理由が「障害者を殺すのは神への大罪だから」
 てのもひえー、となった。何だそれ。じゃあもし、ヴィジャイが肉体的に回復不能な障害をあの
 事故で受けてたら、殺さなかった訳?? その理屈はどう考えてもヘンだ。
  わたしゃーてっきり、「罪を自覚できないような状態で殺すなんて生易しいことしたるかい」
 というんだと思ってたので、これにはホント、目が点になりました。
  もしかしたら回復させて、愛情に目覚めたふりして結婚し、人間性まで回復させてから、ぞっ
 とする程ひどい方法でつき放すのかと思ってたのに。それってある意味、殺すよりひどい復讐だ
 もんね。このラストでは、ヴィジャイ、結構本望なんではないか?

  ……ピンキー、可愛いですねえええええ。あの大きな口が最高にキュート。あの顔で「マミィ!」
 言われたらそりゃたまらんわ。ああ、つくづく可哀想だぁぁあ(涙)。

  ……しかし、チャンパーは一体何の為に出てきたんでしょう(笑)。わたしはてっきり、独房
 の壁越しに二人が出逢って、復讐の手助けをするのかと思っていたのだが。

  ……それにしても、あの「キレキレ震え」、『レオン』のゲイリー・オールドマンを彷佛とさ
 せますね(笑)。ヤバそさ度全開。シャールクってホンマすごいわぁ(しみじみ)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る