『愛されるために、ここにいる』

  何十年生きても誰と過ごしても学べなかったことを、たった1曲のタンゴが教える。髪と肌と
 息と指、一瞬の交錯、何かが触れ合って初めて悟る──愛されるために、ここにいるわけじゃない。  





  ここで終わるんですね!  
  さすがです、フランス映画。  


  何たってたって93分ですよ。今どきの映画としては短い方ですよ。  
  日本映画やハリウッド映画なら間違いなくこの後に30分つけて「行き着くとこまで話をもって
 いって」、ラストクレジットですよ。  
  もう、憎いったらありゃしないよムッシュウ。  


  正直に言って、こういう抗い難い一瞬のものすごい引力という「通りもの」はおそらく誰にで
 も分け隔てなく起こる可能性があるもので(勿論それは「可能性」としてであって、一度も出逢
 わずに一生を終えられる、とても幸運な、あるいは不運なひとも山程いるのだけれど)、そこで
 進むか引くかは千差万別、どちらが正しいだとか間違ってるとか、そういうことはないのだけれ
 ど、まあ往々にしてこういうものにがっと引っ張られてスタートした二人というのは、その後、
 交流が進むにつれ精神的な亀裂が深くなっていったりしがちではあるのですが(笑)。

  
  それでもその危うさを「いや、いける」「なんとかなるかも」と思わせるのはやはりタンゴの
 力であろうと。  
  こういう触れ合い方をして、こうやって動いている、それは言葉よりも、もっと直接的な肉体
 関係よりも、遥かに深い何かが互いの間を行ったり来たりしている気がするから。  
  ふたりで息をあわせ、互いの筋肉の一瞬の次の動きを読みとる、リードする、身を任せる、そ
 の相互のゆきかいは決して心や体を閉ざしていては深まらない。  
  そして何もかもがぴたっと合った瞬間の奇跡。  


  普通に恋をしていると、ごくごく最初期の頃にしか訪れないようなその「奇跡の一瞬」が、そ
 れこそまだ恋に落ちる前から訪れるのだ。いや、訪れた瞬間にはもう恋に落ちているのだ。  
  そしてそれは、踊っている限り、心を込めて踊っている限り何度でも訪れる。  

  やはりこういう時にはタンゴでなければ、と思います。ワルツでは説得力が無い(笑)。  
  いや、無論ワルツにだって踊る瞬間、それはあるのだろうけど、こうやって仕種で、映像で、
 そして音を伴って見せられると、タンゴ以外では何であってもダメだろう、としみじみと思いま
 すね。  


  この映画に現れる男達は皆、「愛される」ことは求めても、自分から愛そうとはしない。  
  その心の中に「愛」が無い訳では決してない。  
  けれどもそれを相手に与えることをしない。  


  相手に理解してもらいたい。自分からは言えないけれど、自分からは出せないけれど、でも読
 み取ってほしい。心を汲んでほしい。自分から相手の心を尋ねることはできないので、聞かなく
 てもそっちから言ってもらいたい。  
  そうやって「あなたが自分を愛していること」がはっきり自分に判り、安心すれば、そこで初
 めて「自分もあなたを愛している」と現わすことができる。  


  そうしないと怖いから。  
  相手の真意が判らない内から自分の柔らかい部分をさらけだして見せるのが怖い。  
  けれどそうやって自分を隠しに隠し、守りに入り、相手の心を受け止めないでいる限り、相手
 の心は離れていって、それを止めることはできない。  
  愛そうとしない相手に愛されることなど、人生においてそうはないのだ。  


  そうやって彼もたくさんのものを失ってきた。  
  取り返しのつかないものが山のようにあった。  
 「何故」という疑問を抱いて、「何故言わなかった」「何故嘘をついた」という渦巻く疑問、自
 身の態度への後悔、けれど敢て、その後悔があるからこそ敢て、「一言言ってくれりゃ良かった
 じゃないか」という相手へのやるかたない思いも強まり、その中で「その一歩」を踏み出さな
 かったことが、たったほんの一歩、ほんの一言の歩み寄りを互いに示さなかったことが、どれ程
 の痛みを、どれ程のしっぺ返しを互いに与えたかをやっと思い知るのだ。  


  そうしてようやく思い至る。  


  愛されるために、ここにいるわけじゃないのだ。  


  そして彼は、未知の未来へ向かって、タンゴの扉を開く。



 2007.04.02





   ……てな訳で原題は『Je ne suis pas là pour être aimé』、すなわち「愛されるためにそこに
 いるわけではない」なのですが。  
  これは見て判るようにこの映画のテーマな訳で、なんで邦題を真逆に変えたのか、と思うので
 すが、思うにそれは、日本人の感覚として、この「愛されるために、ここにいる」の「愛してい
 る」の主語は、人間ではなく、「人生」なのではないかしらん、と。  
  フランス語タイトルとしては、これは親子愛や家族愛にしても男女間の愛にしても、「人間同
 士の愛」で、その「愛」に対して、「『誰か』に愛されるために『ここ』、すなわち人生の中に
 生きている訳ではないよ、愛するためにいるんだよ」というもんだと思うのですね。  
  日本タイトルの「愛されるために、ここにいる」は、親なり恋人なりの「誰か」に「愛される
 ため」に「ここにいる」という意味ではなくて、「君は人生に愛されるためにここにいるんだ」
 ということを謳ってるんではないかなという感じがするのですね。  
  そして人生に愛されるためには、ひとを、「誰か」を愛さなくてはならない、と。  

  ……しかし主人公はまあいい年したおっさんな訳で、頭もちょっぴり薄くなっちゃったりして、
 そこに現れる若い女性(婚約者付)という時、日本のパターンだと婚約者は性格悪かったとして
 もみてくれはかなり良かったりするのが常なのですが、この見事な婚約者のカッパ頭に痺れまし
 た(笑)。  
  何でしょうね、この辺もやってくれますねフランス映画。価値を置く位置が違うのだな。  

  ……それにしてもアンヌ・コンシニかわいすぎやしませんか。
  このまさに「笑みを含んだ」という言葉がぴったりの何とも言えん唇、たまりません。  
  パンフで生まれ年見てびっくらしました。撮影時42歳!? 有り得ませんからそれ。  
  白人の女優さんって実年齢より遥かにおとなびて見えたり、実年齢より「若く」見えることは
 あっても、「幼く」見えることってそうはないので、この全身からあふれる茶目っ気というか、
 かわゆらしさには目を見張りました。  

  ……しかし秘書さん素晴らしいですね。好きですよこういう人。  いい人を雇ったな、クロード。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る