『オール・アバウト・マイ・マザー』

  最愛のものを失った・失う・失ってしまうかもしれないいたみを抱えて、人はどう生きていけ
 ばいいのか? 「女」は寛容で愚かで陽気で孤独、そして自らの足でしっかりと立っている。
 
 
 
 
 
 

  まず何が良かったって、予告に魂をやられてしまった(笑)。この予告本当にいいです。何よ
 りバックにかかっている曲がいい(現在サントラ未購入の為タイトル不明。勿論、買います)。
  その予告によると、「この映画を見て何とも感じなかったら心臓専門医に診てもらうべき」だ
 そうなのですが、ええ、確かに。きましたよー、心臓に。特に予告が(笑)。
  映画内で「心臓にきたシーン」も、予告とほぼ同じ、マヌエラがバルセロナに向かうシーンな
 のですが。ここ、本当にいいなぁ。
  勿論のこと、まず曲がいい。この曲本当にいいぞ。
  ギターのイントロの繰り返し。走る列車。むせぶようなハーモニカの音。真っ暗なトンネル。
 流れ出す歌声。ぐうっ、と視点が上がって森の上から視界が開け、眼下にバルセロナの街が広が
 る。闇の中にぬうっと浮かび上がる聖家族教会。
  この映画で、ここが最も心臓にきて、泣き入りました。映像と音のからみあいが絶妙過ぎる。
 

  そして登場人物の「目」がみな良かった。マヌエラ、セシリア・ロスのいつも大きく見開かれ
 た、視線のゆらぎがない灰色がかった水色の目。そしてウマ、マリサ・パレデスのゼリーのよう
 な藍灰色の目が綺麗だ。シスター・ロサの黒耀石のような瞳もいい。誰もがみな、目前のことか
 ら目をそらそうとせずまっすぐに見据えている、その潔い姿がいい。
 

  何とも言えず見ていて嬉しいのは、これが間違いなく「女たち」の話であることですね。この
 辺はさすがというか何というか、「女同士」の間に流れる空気というものを熟知している。タイ
 トルが「女ともだち」でもいいんではないかと思ってしまうくらい(笑)。女の間にあるこうい
 う確固とした「友情」がきちんと描き出されている映画って、実はそんなにない気がする。大抵
 は、それが例え女の原作や監督であっても、もう少し、何というか……「男=世間から見たイメー
 ジ」に微妙に修正されちゃっているものなのだが。
  そしてその「女の友情」の中に全く違和感なく、きちっと入っちゃっているアグラードがいい
 わ(笑)。マヌエラのアパートで「女」4人が顔を合わせて意気投合するシーン、良かったなぁ。
 そうそう、この感じなのよ。互いのとても微妙なところに触れながら、決してずかずかと踏み込
 みはしない。温かな親愛の情の共有。
 

  話そのものは拍子抜けする程きれいにまとめあげちゃった感があって、そこがかなり物足りな
 さを感じさせるんだけど、これを描いてくれたならまあ良しとしようか、って感じ。
  そして何より、音楽が良かったしね(笑)。憎らしくなる程音楽の使い方がうまい。あの、バ
 ンドネオンだけのタンゴも良かったなぁ。
  そうそう、室内のインテリアも実に良かった。でも、こうやって見てる分にはいいとして、実
 際に自分があの中に毎日住むとしたら、疲れちゃうような気がするけどね。何せこちとら「間」
 の世界に生きる日本人(笑)。あの中に平然と住めるという辺りに、スペイン人のタフさ、バイ
 タリティをしみじみ感じました。

  2000.7.9
 
 

  ……しかしあのボケ父さんは、どうして女とみるとまず年齢を聞き、そして身長を聞くのだろ
 うか(笑)。服の仕立て屋か? で、その二つを聞くとひとり納得してうなずいているのが妙に
 可笑しい。

  ……シスター・ロサの最初のスカーフを巻いた髪がすんごく可愛かった。この時のワンピース
 もとっても可愛い。マヌエラの真っ赤なTシャツも良かったし、ウマの舞台姿の時の、ネットで
 まとめられた髪型も実にいい。この辺り、本当に見所の多い映画です(笑)。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る