『ナインスゲート』

  世界に3冊しかない本、『影の王国への九つの扉』を求めて書物狩猟家コルソは旅立つ。行く
 手に現れる美しい女は敵か味方か、本の中に隠された「九番目の扉」とは一体……?
 
 
 
 
 
 

  実を言いますと、わたくし、まずこの原作ファンでありまして。アルトゥーロ・ペレス・レベ
 ルテ『呪のデュマ倶楽部』。
  で、これが映画になると聞いて、ちょっと不思議な気がしたんですね。本としては面白いと思
 う。でもこれ、映画にして面白いか? だったら、同じ作者のヒット作『フランドルの呪画』の
 方がよっぽど映画的で面白いのになー。
 

  ……と、思っていたら、成程、こう来ましたね。納得。
  原作『呪のデュマ倶楽部』は、2つの話が同時進行する物語である。デュマ草稿をめぐる話と、
 「影の王国への九つの扉」をめぐるそれと。
  で、2つ話があるからには、どんでん返しや結末もそれぞれ2回ある訳で、その辺の形とか2
 つの物語の微妙なからみあいとかが面白い訳なんだけれども、ある意味においてはもたつきも感
 じるのだ。片方にはまると片方がうっとうしく見えてくるのね。こっち側だけで、もうスカっと
 いってくれよ、と思う訳だ。
 

  で、この映画では、まさにその片方オンリー。デュマ話はすべてあっさりきれいに切り捨て、
 かといってデュマ話にからむエピソードのぐっとくる部分だけは抜き取って使用。
  しかし、こうやって、原作の「美味しい部分」のみを抽出してつくりあげた結果、原作のいわ
 ば「醍醐味」を失ってしまっているように感じられてならない。特に「コルソ」という男の人物
 像、これが大きく変えられているのが惜しい。
 
 

  ついに「影の王国への九つの扉」のすべての版画を手に入れた「彼」の元にコルソは赴くのだ
 が、原作と映画のそれでは、完全にその理由は違う。
  映画のコルソ(映画では何故か「ディーン」という名にされているので以下そう呼ぶ)が欲し
 いのは「版画」だ。しかし原作のコルソ(こちらは「ルーカス」。ルーカス・コルソが本名であ
 る)が「彼」に要求するもの、それは「金」である。
 

  書物狩猟家ルーカス・コルソ、彼はかくも現実的で、そして健康的なのだ。こんなにも異様な
 事態に追い込まれ、自らもその波に溺れそうになりながらも、彼は決して、最後までその手綱を
 手放さない。「そちら側」を下らないことだと蹴飛ばし、「金」に、現世の価値、人が人の社会
 の中にあってこそ成立する価値に力を見い出している。悪魔が呼ばれようが出てこようが、彼の
 知ったことではないのだ。そんなことに、彼は一片の興味もない。
 

  ……また、だからこそ、ルーカスが絶対に「九つの扉」の版画を必要としない者であるからこ
 そ、「彼女」はルーカスを選んだのだ。ルーカスが彼女に求めているもの、必要としているもの
 は、その異形の力ではない。
 

  この「彼女」もねえ……映画のこれでは、もうまるっきり「悪魔」やん(笑)。天使か悪魔か、
 あるいはそういう二元論に組み込まれない「精霊」のような存在なのか、原作にあったその実に
 微妙で不可思議ないろはゼロ。従ってその微妙さがかもし出していた魅力もゼロ。
  原作では彼女はどのような存在であれ、完全に「独立」していた。身ひとつで動き、自分の意
 志で選びとる。決して何かの象徴などではなく、複数形で呼ばれる存在でもない。彼女はずっと
 長いこと一人きりで戦ってきたのだ。けれどもこの映画の彼女は、何かの使者、何かの象徴に成
 り下がってしまっている。
 

  まあ、この映画では映画で、いかにもポランスキー監督のそれというべき全く別種の魅力には
 なっているんだけどね。でも、原作でルーカスが彼女を見ながら思う、「神と悪魔は同じもので
 ありうるし、その点はだれもが自分で好きなように解釈できる」という感慨はこの彼女にはとて
 も見い出せない。しかしこれ重要なテーマなんだけどなぁ。
 

  更に大きなテーマとして、しかし完璧にこの映画から取り除かれているそれは、ラストのルー
 カスの呟き、「書物にはこの種の冗談が仕掛けられているものさ」「そしてわれわれはすべて自
 分に見合った悪魔に取り憑かれるものなんだ」。
  映画においても原作においても、この物語では、誰もが「自分に見合った悪魔」に取り憑かれ
 ている。そしてルーカスとディーン、二人の「コルソ」に見合った「悪魔」は、決して「彼等」
 のそれではない。そのことは映画でも、それまでのディーンのふるまいから見えているのに、
 「彼」のところに訪れた途端に「版画」を欲しがるその姿に非常な違和感を感じた。
 

  まあ結局は、監督が原作から、欲しい部分だけを搾り取った映画ということで、それはそれで
 ある種のエキサイティングな効果もあげているし、悪くないと思うんですけどね。特に、オープ
 ニングはいい。あの遠近法の効いた画面、たまりません。ここからスタートして、基本的に、こっ
 ちの視点はずーっと浮いたままなんですよね。地につくことが殆どない。それが気持ちいい。
  そして「城」を訪ねて進む道のりも美しい。あの虹!
  カフェにいて、中の電気がパッとついて外が見えなくなる、というのにもしびれた。
  ラストの「城」のあの異様な美しさ、あれが見られただけでも、この映画は確かに収穫だ。

  2000.6.8
 
 
 
 

  ……そんな訳で、映画を見て、良かったからじゃあ原作を読もう、という方は注意するように。
 殆ど、唖然とします。特に始まってすぐに登場するボリス・バルカン、あんた一体何の話をして
 んのん? と思う筈(笑)。
  しかしいきなり文庫、になってたのには驚きました。映画化パワーおそるべし。しかも、タイ
 トルまで変わってるし。まあ、この映画を見て、原作を買おうと思った時に、『呪のデュマ倶楽
 部』じゃ「いや、それは多分違う本です」と店員さんに言ってしまうだろう(笑)。
  これを機に未邦訳作品も訳されるといいなー。邦訳、2作しかないんですよ。

  ……しかし、これは言っても仕方がないんだけど、ジョニー、どう見てもあんたコルソには若
 過ぎ(笑)。
  逆にボリス・バルカン、あんたは老け過ぎ、と思ったら、なあるほど、こいつがこいつの役ま
 でやらされちゃってる訳ね。まあ、2つの話が形式は同じである以上、そういう形でひっかぶせ
 るしかないのは判るけど。
  でも多少の企みはあるとはいえ、バルカン君、基本的には呑気ないい奴なのに、こんなにも悪
 にされちゃって気の毒に(笑)。

  ……男爵夫人の「彼」、あれでは何が何だか判らなかろうに。あれじゃただのヤバいおばちゃ
 んやん(笑)。原作ではその正体もバッチリ出てきます。この辺のしたたかさというか、周到ぶ
 りも、まさに「羊の皮をかぶった狼」で好きなんだけどなぁ、コルソ。

  ……「本」ミステリで重要なのはその「本」そのものの美しさだと思うんだけど、原作では
 「九つの扉」の3バリエーションの版画が27枚すべて、きっちり出てきます。コルソが謎を解
 く前に、それを1枚1枚見比べて自分でその「違い」に気がついた時にはぞくぞくした。
  しかし、この映画ではその版画にちょこちょこいじりが入れてあって、それが可笑しい。裸の
 女の顔が「彼女」になっているのや、剣を持った騎士が棍棒を持った黒人の男の顔になっている
 のはまあいいとして、天使の顔がセニサ兄弟になってるのにめちゃ受けしてしまった。いいなぁ、
 これ。
  ちなみに「9枚目の版画」が原作ではどのように「違う」のか? それはぜひ、読んで、お確
 かめ下さい。映画程あからさまな語られ方はしないけど、このさらりとしたほのめかし方、わた
 しは非常に好きだなぁ。

  ……そう、映画で何が良かったって、セニサ兄弟、奴等だ!(笑) んもう、たまりませんね。
 実にいい味を出している。この喋るタイミングったら。ああ、おかしい。

  ……しかし、これはわたしだけでなく大勢の人がぜっっったいに思っていると確信するのだが、
 エマニュエル・セイナー! あんたその眉何とかせい!!(笑)
  フランスでは、ホントーにあれでいいのか。あれはどう見ても太すぎるう。もう、彼女の顔が
 画面に出る度に剃りたくて抜きたくてうずうずしました。

  ……そして映画において何よりも何よりも気になったのはコレだ、

 「悪魔の匂い付き前売り券」!!(大爆発)

  新聞広告では、「凄い匂いです!!」と書かれていた。凄い匂い。それは一体、どんな匂いか。
 調合した人は何をもって「これが悪魔の匂いだッ!」と認定したのか。謎は深まる。
  しかし、そんな前売り券では、彼女をデートにも誘えませんね(笑)。  
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る