『フィフス・エレメント』

  地球存亡の危機。その運命を変える為、一人の美女が生み出される。「女」は「男」と出会い、
 大いなる「5つめの力」を手に入れる為、宇宙を股にかけた冒険が始まる!
 
 
 
 
 
 

  いやいや、もう、こいつはたまりませんな!(笑) 王道を貫き通すということは、実はこん
 なにも心地良いことなのだとこの映画は教えてくれる。
  設定も王道ならストーリーも王道、配役もギャグも愛の台詞すら見事な王道。まるで水戸黄門
 のように、きちんきちんと勘どころをひとつも外さず押さえていく。それが気持ちいい。「次は
 ここを押してもらえるな」と思ったツボの場所に、その通り的確に指が入ってくる。それもちょ
 うど程よい強さ、程よい長さで。
 

  世の中には、「ヨーロッパ(特にフランス(笑))映画って、訳判らないからあまり好きじゃ
 ない」てなことを言う一派がいる。それはおそらく、その手の映画が意図的にこれらのツボを外
 している(あるいはツボを押さえることなんか最初っから考えてない)からではなかろうか。し
 かし思ってもみないツボを押されるということは、思ってもみない気持ちよさが生まれるかもし
 れない、ということなのだ。「え、何でそんなとこ」と思いつつも、「おおっ、こ、これは!?」
 という予想しない快感(笑)。
  ところが勿論、そのツボが自分にとって、何とも感じない場所だったり、あるいは逆に不快感
 やおもしろみのなさ、という効果を引き起こしてしまうことがあるのだ。最初に何回かそれを体
 験してしまうと、確かに前述のような気持ちになってしまってもおかしくはない。
 

  ところがここに、ツボの王道を究めたフランス映画が現われた。『フィフス・エレメント』!
  もう何もかもお約束の世界だ。約束された展開、約束された結末。しかしそれを、精緻にこだ
 わった未来世界の描写、脳の中枢を刺激するような音楽、そして何よりも、的確な場所で的確に
 とばされるギャグの数々によって、退屈させずに最後まで見せ切る。
 

  もしもこれが、最初から最後までバリバリにシリアスなノリでつくられていたら、もうたまら
 なくつまらない映画になったことだろう。我慢して最後まで見切ったとしても、帰りに映画館の
 椅子の背のひとつも蹴飛ばしたくなるのがオチだ。
  ところがこのギャグの数々、その入るタイミングが実にいい。「ああ、やっぱそうなる訳ね?」
 と思いそうになった瞬間でぱっと笑わせてくれる。それで楽しくなって、また続きを見るぞとい
 う気分にしてくれる(まあ、この手のギャグがダメな人だと、もうおしまいなのだが)。
 

  特にラストの、マッチをする場面。ふつーならこんな緊迫したところでは観客も思わず息をつ
 めてしまうもんだが、何とも言えず耐えきれないようなくすくす笑いがあちこちにもれていた。
 判る、その気持ち。あれはほんとなら、世界を救うかどうか、という一大重大場面の筈なのに、
 まるで何だか、しめしあわせて誰かを驚かそうと、暗い部屋にこっそり隠れて待っている時のよ
 うな、「おいおい、だいじょぶかな?」「楽しみだな、うまくいくかな」的な、何とも言えない
 おかしみがあるのだ。それはひとえに、それまでに築き上げてきたギャグの城のおかげだろう。
 それまでシリアスで、あそこだけああなっても、きっと笑えないものね(しかしあそこで誰かの
 息でもし火が消えたら、それですべてが終わりと判っていても、げらげら笑いころげてしまった
 と思う(笑))。
 

  帰りにふと、「エレメント・タオル」を手にしている自分に気がつく(大笑)。笑って結構!
 どうせ俺様は莫迦さ!(そして更にその後、CD屋でサントラを買う(笑))
  やっぱDJ・ルビーがサイコーだよねぇ。ああ、オッカケたいっ(笑)。

  1997.10.3
 
 

  ……それにしてもいくらお約束とはいえ、「生命なんて大キライだから皆滅ぼしちゃうのさ!」
 的な奴が、なぜモンドシャワン人とかマンガロア人とかは無視してまっすぐ地球にやって来るの
 だろう?(笑)
  そうでなくても、あれだけ文明が発達してれば、火星や月なんかにも、人間はうじゃうじゃい
 そうだから、地球を滅ぼしたところで、人類余裕で生き残ってると思うのだけど。なんか「ウル
 トラマン」とかで、地球にはたくさんの国々があるのに、怪獣はいつも迷わずまっすぐ日本にやっ
 てくるのを連想したぞ(更に笑)。

  ……そしてその「絶対的な悪」、こいつがまた全然こわくないんだよねえ。
  通信衛星いっぱい飲みこんで何をするのかと思ったら、電話かけてくんなよ。
  それも「ミスター・シャドゥ」って、何やねんその偽名センス(笑)。しかし秘書さん、「ミ
 スター・シャドゥからの連絡なら別でしょ?」てなことを言っていたが、じゃあそれまでにも連
 絡をとりあってる筈なんだけど、その時の連絡はどうやってとってたんだろう?(電話をかける
 為に衛星を飲みこんでるんだから、それまでは電話はできなかったと思ってよいと考える)
  まさか……手紙?(大笑) 奴が手紙を書くのか? 切手はどうする!

  ……欲を言えばゲイリー・オールドマンにはもっともっと怖くあってほしかった。「ミスター・
 シャドゥ」を超える程の怖さがあっても良かったと思う。「ギャグ映画」でも、心底怖い悪役が
 いた方が画面がしまるってもんじゃなかろうか。まああの路線はあの路線で好きなんだけどね。

  ……歌姫ディーヴァ、あんな細い体のどこにあんなものを、それもあんなに幾つも。そしてそ
 の状態で歌まで歌うか!? しかもあの激しい振り付け!(笑)

  ……コーベンの「一日4本」タバコ、さりげなく異様にフィルターが長くなってるのがナイス。
 あれぢゃ4本つっても2本分くらいしかないよねぇ。

  ……わたしとは別に見た友人がひたすら気にしていたのだが、コーベンの飼っていた猫、あの子
 の運命は果たしてどうなったのか!?
  彼はずっとそれが気になっていて、最後にきっと落としまえをつけてくれるだろうと期待してい
 たら、あのラブラブシーン(笑)でエンドだったので、ちょっと呆然としたらしい。心配しなくて
 も世界中の観客でそんなこと気にして見てたのはアンタただ一人だよ(大笑)。でもホント、どう
 してたんだろう?
 

  まあとにもかくにも(そのツッコミ甲斐のあるというところも含めて)、サイコーに楽しめる映
 画です。こんな未来に住むのはヤだけどね(笑)。パンフでも「明るい未来」って言われていたが、
 これがホントに明るいか? 「暗くても明るく生きる」ことは可能だと思うけどね。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る