『12モンキーズ』

  この、不毛な未来をつくり出した原因を探る為、男は過去の世界に立った。いつも見る過去の
 夢、美しい金髪の女、ゆっくりとくずおれる、泣いている、唇が動く……そこに隠された謎とは?
 
 
 
 
 
 

  音楽が最高!(笑)
  のっけからハートを打つバンドネオンの音色。ピアソラ大好き!
 

  ストーリーの骨格は非常にクラシックなタイムトラベルものである。それも、この骨格を小説
 にしても、箸にも棒にもかからないような矛盾だらけの(ちなみに小説化されていて、読んでは
 みたが、そちらでもそこには何ひとつ触れられていなかった(笑))。
  まあ別にそれはいいんだよね。だってこの話、ラブストーリーでしょ?(笑)

  
  それにしても、ブラッド・ピッド演ずるジェフリー、あんなに暴れて、CMにも出て、結局やっ
 たんは親父いぢめと動物虐待(あんなことしたら殆どの動物は興奮するし、興奮した動物は人間
 にとって危険だから、かなりの数が射殺されてるぞ、きっと)だけやん。「あんた、結局何もし
 てへんやないかい!」と思わず突っ込み入れたくなったぞ。
  こんなんで友達に「君は偉大な男だ」とまで言ってもらえるとは。とほほ。
 

  しかし、廃虚の街は美しかったです。不毛の世界ものって好きなんですよ。うっとり。
  だがライオンで少々興ざめしたぞ。絵的に美しいのは認めるが。ウイルスが動物の体質にどの
 ような影響を及ぼしてるんかは判らんが、あんな寒冷地でライオンが生きていけるまでにはなら
 んだろ(でもよく考えてみたら、ウイルスは別に気候を変える訳じゃないし、あれはただ単に地
 上が冬だったってだけか。まあそれにしたってライオンが生きていける訳はないわな)。しかも
 何故奴はわざわざあんな高いところに登る。
 

  しかし事態の起きたその時刻を、「1996年の12月」にしたのは絶妙だったと思います(公開は
 95年)。ほんのちょっとの未来。今になってこの映画をビデオやテレビ放映やリバイバル上映な
 んかで見ても、きっと当時とは何かが違ってしまっているだろう。だがその設定の為に、ただで
 さえ多い矛盾を更に増やしてしまう訳だけども。
  「96年の12月」にウイルスは爆発的に蔓延した。そして、ブラッド・ピットに誘拐された親父
 は、自分の助手がウイルスを持って逃げたことが判る筈。勿論キャサリンも知っている。そして
 この段階でキャサリンが狂人扱いされたとしても、ウイルスの蔓延によって彼女の正しさは証明
 される。ならば、なんらかのかたちで彼等は「犯人はこの男である」というメッセージを世に発
 することが可能である。
  この時点から未来の時点まで、膨大な時間が空いてしまっていたら、そのメッセージを未来の
 人間が過去の資料から探すことは不可能になってしまっているかもしれないが、こんなに近い時
 間であれば、あの科学者達(勿論、あの時点で既にものごころのつく年齢になっているコールも
 だが)も含めて、その時代に生きていた人間は、必ずそのニュースを知るだろう。そして世界が
 こんな事態に陥っているというのに、「その犯人が誰であったか」という事実を、いくら混乱し
 た状況であれ忘れる訳がない。そうすると、あの「犯人探し」「ウイルス探し」自体行う必要が
 なくなってしまう。
  ……って、そんなことはどうでもいいんだってば、「ラブストーリー」なんだからさ(笑)。
  ま、この映画の見所のひとつは、「少年が未来の自分の死を目撃する」ってことだからねぇ。
 

  しかしだな、最初にコールを送り込もうとする、その時点で「ああ、こいつが過去に行くこと
 がウイルス蔓延の一因になるな」と読めてしまうのは少々がっかり。そりゃわたしがひねくれ過
 ぎって? そうか。失礼。
 

  まあ何はともあれ音楽かな。
  ピアソラの曲の素晴らしさはいうまでもなく、「ブルーベリー・ヒル」や「この素晴しき世界」
 の美しさ、「きよしこの夜」のかそけさ、それから例の夢シーンの音楽にあふれる静謐さ。

  1996.8.15
 

  もしこの映画をご覧になった方で、バンドネオンにちょっとでも興味を持たれた方は、勿論本
 家本元のピアソラもいいけど、あがた森魚氏の『バンドネオンの豹』ってCDもいいよ。確か今は
 廉価版で出てる筈だから、ぜひ聴いてね!
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る