『ヒトラー 最期の12日間』

  史上最悪の男が迎える人生最後の12日間。砲弾が乱れ飛ぶベルリンの地下深く、誰の言葉に
 も耳を貸さず、彼は最後の決断をする。戦後60年を経てドイツが遂に生み出した問題作!
 
 
 
 

   ※警告 「米百俵」て話がありますが、あの話がとても好きだ、自分もそういう精神で
     生きたい、という方は、最後まで読むと間違い無く不快になることこの上あり
     ませんのでどうか読まないようお願い申し上げます。 正直わたしはこの話が
     ダメな人なので、大変ろくでもなく書いていますから。
     にも関わらず読んでしまって「君にはこの話の素晴らしさが判っていない!」
     などと言われてもどうにも対処はできませんのでその旨御了解の上お進み下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  映画を見る前も見た後も、たくさんのところで「ヒトラーの人間的な面を描いて賛否両論」て
 な話を目にしましたが、見ている間に正直そんなことは吹っ飛びました。  
 

  無論、ヒトラーの映画ですよ。あのヒトラーの話なんですよ。  
  でもそんなことなんか殆どどうでもよくなるくらいに、とにかく市街戦の描写が凄まじ過ぎる
 のです。  
 

  わたしが見た映画館はかなり小さいのですが、新しいとこなので音は良い。  
  そこの前から2列目で見ていたら、スクリーンの中で砲弾落ちたら、ほんまに揺れるんですよ。
 真顔でおっかないんですよ。飛び散る建物の破片や石や土が、自分にかかりそうな気すらするん
 ですよ。  
 

  でもって見た方ならもう言うまでもなく、とにもかくにもこの市街戦の描写、残酷です。痛い
 です。辛いです。  
  勿論、戦なんてどんな形でやったってひどいものに決まってます。街から遠く離れた戦場であ
 ろうが、ジャングルの中のゲリラ戦であろうが、ひとの住む街の上に空から爆弾落としていこう
 が、どれもこれもろくでもあるもんではない。  
 

  でもその中でもずば抜けて市街戦というのは不毛だ、というのをこの映画はしみじみ見せつけ
 てくれるのです。 攻める側と守る側、両方が消耗していく感じ。
  もうはっきり言って誰の目にも決着がついていて、もういいやん、もうこれ以上やらんでいい
 やんって、そう思うし、攻める側も多分「もういい加減諦めてくれんかな、いつまでこれやって
 なあかんのかな」思ってるだろうと思うのです。  
  でも止められない。途中で止めることができない。  
 

  空襲だって勿論悲惨ですが、これはとりあえず一回一回に終わりがある。攻める側が立ち去る
 ことなく延々と続く空襲なんて無い。  
  でも、これは始め出したら相手がはっきりとした「参りました宣言」を出すまで決してその場
 を立ち去ることができない。完全に敗色が見えている中、追い詰められた素人の市民がちゃちな
 抵抗をするのを延々蹴散らしていくだけ。攻める側にも守る側にも休息が無い。ものすごく不毛
 です。  
 

  でもどっちもやめられない。仮にいくら守る側の市民が「もう止めるし」言ったところで、国
 の兵士として攻め込んでいる側としてはそういう訳にはいかないのだ。もうこんなにもはっきり
 決着がついているのに、それでも「国としてのひと声」が無い為に、こんなものがいつまでもい
 つまでも終わらないのだ。
 

  「こんな大量虐殺をやった男の人間性なんて描いて」というのが賛否の否の方の意見の主流な
 ようですが、映画見てたら、一体こいつのどこに人間性なんかあるんじゃ、と毒づきたくなりま
 した。まあ、人間性=善良性ではなかろうと思うので、ろくでなしっぷりだって人間性のひとつ
 なんでしょうけれども。  
  もう正直言ってですね、もしこれが別の人の映画、すなわちユダヤ人大量虐殺なんかやってな
 い国の指導者の架空の映画だったとしても、この部分だけで十二分に「最悪の男だなコイツは」
 とムカムカくると思いますよ。ええ。  
 

  もうこれだけで十二分に非道だ。勿論、この人がしでかした大きな悪は他にいくらでもあるけ
 れど、これもものすごく巨大な悪だ。この状態を放っぽらかして、自分だけの幻想の世界にひた
 り込んで、挙句に後はお任せ、で自分だけはすたこら姿を消す、だなんて。  
 

  あんたが決めなきゃさ、誰も決めないんだから。あんたが「参りました」て言わない、絶対に
 自分の負けや間違いを認めない、そこを絶対に見ようとしない、その為にこんなにも悲惨で不毛
 な出来事がたった今外で起きていて、それを誰も止めることができない。  
 

  けれど自分のことは忘れない。自分と、自分のごくごく身近な人間のことだけは手放さない。
 好きな女とは結婚式をあげ、可愛がっていた犬は道連れにし、自分が死んだ後、にはただ「焼く
 こと」の命と「自分は間違ってない」という意味だらけの遺言を残すのみ。  
 

  これのどこが「人間味のある人物」なんだかわたしにはちっとも判りません。自己中爆発し
 切ってます。  
  特に「遺体をどうこうされるのは嫌だからしっかり焼いてくれ」て。その横では市民がどんど
 ん、ムゴい遺体を路上の土の上に、見捨てられた病院の中に屑山のように、さらけだされている
 訳です。てめ自分さえキレイに消えれたらそれでいいんかコラ、と胸ぐら掴みたくなります。卑
 怯にも程があるだろう。  
 

  この自殺とか、ゲッベルス夫妻の子供の殺人、その後の自殺を「滅びの美学」とか言う人の気
 がしれない。どこが美しいのか。わたしにはむしろ見苦しく腹立たしかった。  
  ヒトラーもゲッベルスも、「交渉した方が」とか「降伏した方が」とか言う言葉に絶対に耳を
 貸さない。「わたしの目の黒い内はそんなこと許さん!」てな態度。  
 

  なのに、自分は死ぬんだよ。  
  自分と、「自分にとって本当に大事な存在」だけを伴って。  
  負けを認められずに、でも認められないのなら最後の最後まで何かを全うしようともせずに、
 「絶対に敵の手にベルリンを渡す訳にいかない」言いながら自らの手で銃を取り抵抗することも
 せずに、外の市民より圧倒的に楽に死に、死体の始末まできちんと頼み込んで、なのに後の策な
 どはひとつも与えてゆかずに死ぬんだ。指導者なのに。  
  それのどこが「美」だ。  
 

  もうこの段階まで負けを認めずに来てしまってるだけで、既に「滅びの美学」なんてとこから
 は遥かにかけ離れていると思うのですが、それでももしこの状況でそんな言葉を適用するのなら、
 少なくとも「自分が死んだ後の対策」については完璧なものを遺していってもらいたい。死体の
 後始末やら「自分は間違ってない」てな主張だけの遺言書なんかでなく。  
 

  日本人はことにこういう「滅びの美学」好きなところがあると思うけど、でも本来の「滅びの
 美学」てそういうもんではないですか。立つ鳥後を濁さず、後の始末を何もかもきっちり片づけ
 て、そして自らの理想の終わりを静かに受け入れる、そういうのが本来のそれではないのかしら。  
  こんな風に「降伏など許さん!」と他人に何もかも押し付けて、その癖何の解決策も与えない
 まま自分達だけ「安楽な死」を選び取るなどと、決して日本人の愛する「滅びの美学」などでは
 ないとわたしは思うよ。ええ。  
  少なくとも、これを「決然」とか「覚悟」とか「美学」と感じる人を上司には持ちたくありま
 せんね。とんでもないとこでとんでもないものを押し付けて逃げを打たれそうだし、自分のミス
 で自分が倒れる時に道連れを強要されそうだ。「上司と部下は親子も同然、生きるも死ぬも共に
 一緒だ」て。んな訳が無い、例え血がつながってたって他人は他人だし殺人は殺人だ。  
 

  一ケ所だけ涙ぐんでしまったシーンが、ヒトラーの死の後、「すべての攻撃活動を停止せよ」
 と市民に呼びかけながら、街を街宣車で走るところ。  
  ああ良かった、終われる、ああ有り難い、やっとこんな意味の無い殺しあいが終われるんだ、
 と安堵で胸が一杯になって泣きそうになった。  
  勿論現実はそんなにすぐは終われなかった訳で。  
 

  それは、彼が「無策」で死んだからだ。  
  死んだ、ということも隠して死んだからだ。  
  もし「私が死んだら後は降伏でも何でもしようが勝手だ」とまでは言えなかったにしても、
 「私が死んだらそれを市民や連合軍に大々的に知らせろ」だけでも良かった。それで充分だっ
 た筈だ。  
  でも何もしないで死んだから、不毛な戦いはこの日ではまだ終われなかった。  
  そのほんの一日二日の違いで助かった命がいくつあったことか。  
  指導者側の人間の「楽な自殺」なんかで購えるもんか。
 

  2005.8.29    
 
 
 
 
 

  ……ブルーノ・ガンツ、似過ぎです。髪の分け目のひと筋まで激似。こんなに似てたなんて当
 人も知らなかったでしょうねええ。  

  ……「ユダヤ人虐殺のことに全然触れてない」て批判もあるようですが、それって仕方がない
 と思うのですね。  
  だってこれ、「最後の12日間」だけの話だもの。追い詰めに追い詰められて最終決断をする、
 そこだけの話。  
  余裕のある時は大言壮語して牙を剥きやすいところを執拗に攻め立てることができるが、追い
 込まれたらもう自分のことしか見えてない。そんなことは頭から吹っ飛んでる。  
  この時点でもし誰かが「まだこの収容所にはユダヤ人がこんなに生き残ってます、皆殺しにす
 る為に兵士を派遣しますか」言ったとしても、「そんなことにまわす余裕があったらベルリンに
 来て自分を守れ」言ってますわ、この男。  
  あれだけのことをしでかしておきながら、自分がこの状態の時にはそんなことなど頭に浮かび
 もしない、それこそがまさにこの男の「残酷さ」「冷血さ」「身勝手さ」で、この状態でなお、
 「〜にいる第○軍の兵士は皆、収容所の生き残りのユダヤ人を殲滅する方にまわせ」なんて言え
 る程の、ある種の「強靱さ」なんて無いんだと思う、多分。  
  完膚無きまでに追い詰められた場所で、とりあえず今の自分の身に関わりの無い遠くのことに
 構えるような人間ではないのだ。余裕のある時には確かな「信念」だった行動、だが自分の身が
 いよいよ危うくなったらそんなものズバッとどっかにやっちまえるということこそ真の残酷さの
 顕われなのかもしれない。  

  ……秘書役のアレクサンドラ・マリア・ララ、可愛過ぎです。なんか名前まで可愛いよ。おい。  
  冒頭の選考シーンなんか、「顔だろ! 顔で選んだろお前!」と内心で突っ込みまくってしま
 いました(笑)。やー、この丸い目で見上げられたらたまりませんね。可憐だ。  
  脱出の際、汚い服にヘルメットなのにそれがまたもう激プリで、こんな可愛かったらソ連兵絶
 対見逃さんて! とまた突っ込み。このぶかぶかぶりがまたそそるんだよねえええ。   

  ……こんなわたしなのでパンフレットの「評論家」さんの文章には激しく突っ込みを入れなが
 ら読んでしまった訳なのですが……殊に気になったのが、ラストの「彼女のそばにいるのが無垢
 な少年であること」てなくだりなんですが……この子ってあの、「敵の戦車2台やっつけた」子
 だよね? 違う??  

  ……もし違ってたらもう「無垢」でも何でも構わないんですが、この子が「戦車2台」の子だ
 としたら、どこが「無垢」なんだかわたしにはちっとも判りませんが……その源が幾ら「純粋な
 愛国心から」だとしたって、その信念がどれ程まっすぐなものだとしたって、ここまで行動して
 しまった後はもう「無垢」とは呼んではならないと思うのですが。例えいつの時代のどの国のど
 の戦争であっても。  
  年齢を変えれば簡単に判ることで、もし「無垢な」子供時代からこういう愛国心を持つように
 育てられて、その信念をずっと抱いて生きてきて、30代や40代になってこうやって銃を持ち敵を
 殺した後の中年男に「無垢な中年」て形容はしないでしょう? 真っ白な時代から頭に刷り込ま
 れ教え込まれたという意味で同じ立場であっても。なのに、年齢が子供であるということだけで
 こういう行動をした人を「無垢」と言ってしまうのっておかしいよ。  
  少なくとも、わたしはもし自分がこの少年と同じ立場であったら、そのことを悔いれば悔いる
 程、その時の自分を人から「無垢な子供」などとは絶対に言われたくない。銃を捨て父の元に駆
 け戻った、その時彼は、既に「自分が決して『無垢』などではないこと」を、この年でもう知っ
 ている。  

  ……パンフレットと言えば、毎度ここのパンフは値段の割に資料的価値が低いです。
  もうちょっと何とかならないか。せめてもう少しキャストの名前を数多く記載してほしいです。   

  ……「破壊」と「創造」という、意味としては完全に逆なことではあるのですが、ヒトラーの
 「ちょうど良かった、全部壊してもらえたら新しい理想の帝国を建てる時の手間が省ける」「一
 緒に市民がやられたってそんなのどうだっていい」てなものいいに、平成の世になって「米百俵」
 とかのたまった誰かの姿がつい浮かんでしまいました。  

  もう端と端ではあるんですが、論理としては似てますよ。「自らが理想と信じる先の未来の実
 現」の為に、「今まさに苦しんでいる人々」には目をつぶる、ということだもの。  
  地元でこれを「美談」とされる方々には大変失礼で不快なものいいだと思うけど、わたしはこ
 の話はあまり好きではなくて。「そうは言っても自分や自分の身内は絶対に飢え死にしない立場
 だからできたことだろう」と思うもの。
  藩士レベルで飢えで死ぬ程の困窮状況な人はいない。いないからこそ、この主張に最終的には
 賛成できた訳ですし。自分や家族がいま飯を食わなかったら明日の命も知れない、て時にこんな
 主張出されて通せる人なんかおりません。  
  でも町民は違う。焼け出されてろくな避難所も無いまま凍死した人も多くいたそうです。  
  偉いさん達に勝手に戦され勝手に土地を焼け野原にされ、それで米も寄越さない、て自分が町
 民なら間違いなくキレてます。  
  とりあえずこの米食っとけ、その間に自分が何とか他の藩にも頭下げまくってもっともっと米
 を集めてたらふく食わせてやるから、でもその代わりに元気になって体力ついたら、学校づくり
 に金銭的にも労働的にもしっかり協力してくれよ、言われたらそれはもう喜んでそんな指導者さ
 んの為に身銭切って頑張るだろうと思いますが。  
  思うに、今この主張をする方に賛成できる人って「藩士レベル」なんですよ。生活の実状が、
 じゃなくて、意識の方が。  
  主張する相手と自分とが同じ台の上にいる者同士だと思ってるんですね。台の上での立つ位置
 は違っても、乗ってる台は同じ物。
  でも実は持ちかけてきてる側はそうは思ってないかもしれない訳で。と言うか、間違いなくそ
 うは思ってないんだけど、それに気がついてない感じ。その主張によって降り掛かる「痛み」が
 まさに自分の身にかかるものだなんて及びもつかない。
  実際にそうなって「そんな筈じゃ!」て怒っても遅いんだけどね。 

  まあとにもかくにも、実際のその話は「美談」で構わないんだけど、それと自分がやってるの
 は同じことだ、と言い張るどっかの誰かさんは構う。飢えた人民を目の前にして米を売っ払って、
 でもその金で建てるものは全然違うもんなんじゃないの、と思うから。  
  実際の方は「確かにその後、人々の役に立ったもの」だけど、そしてだからこそ「美談」とし
 て成り立ちもする訳だけど、アンタの方は、この「中にいる市民がどうなろうが全部ぶっ壊して
 しまえ、そしたら自分の理想の帝国がぶっ建てられる」とおんなじなんではないの、と思わずに
 いられない。  
  確かにこの人には「言葉」があるが「論理」は無い。声高で強い言葉にうっとりひきずられて、
 ある日ふと気がつくと自分が「建物と共に爆撃される市民」に、「飢えて死にそうでも支援の米
 を他に使われる町民」になっている、なんて絶対にごめんです。
 
 

キネマの天地のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る