推理小説

出版社等の情報は個々のコメント内です。

 ◇国内作家

     *浅倉三文

       『ポルトガルの四月

     *綾辻行人

       『どんどん橋、落ちた』『暗黒館の殺人

     *有栖川有栖

       『幻想運河

     *石持浅海

       『BG、あるいは死せるカイニス

     *井上夢人

       『オルファクトグラム

     *歌野晶午

       『安達ケ原の鬼密室

     *北森鴻

       『共犯マジック

     *京極夏彦

       『姑獲鳥の夏

     *篠田真由実

       『未明の家

     *清涼院流水

       『コズミック』『ジョーカー

     *竹本健治

       『匣の中の失楽

     *中井英夫

       とらんぷ譚

     *二階堂黎人

       『私が捜した少年

     *西澤保彦

       『人格転位の殺人』『殺意の集う夜』『猟死の果て

     *法月綸太郎

       パズル崩壊

     *東野圭吾

       『名探偵の掟』『私が彼を殺した

     *古野まほろ

       『天帝のはしたなき果実』『天帝のつかわせる御矢』『天帝の愛でたまう孤島

     *麻耶雄嵩

       『夏と冬の奏鳴曲』『』『メルカトルと美袋のための殺人』『木製の王子』『隻眼の少女

     *湊かなえ

       『告白

     *宮部みゆき

       『火車』『R.P.G.

     *森博嗣

       『すべてがFになる』『笑わない数学者

     *森雅裕

       『さよならは2Bの鉛筆

     *夢野久作

       『ドグラ・マグラ
 
 

 ◇海外作家

     *アガサ・クリスティ

       『アクロイド殺し』『カーテン

     *アルトゥーロ・ペレス・レベルテ

       『サンタ・クルスの真珠

     *ウンベルト・エーコ

       『フーコーの振り子

     *エラリー・クイーン

       『Yの悲劇』『九尾の猫

     *G・K・チェスタトン

       『ブラウン神父の童心

     *チャールズ・パリサー

       『五輪の薔薇

     *ドン・ウィンズロウ

       『ストリート・キッズ
 
 

本の虫のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る