特別企画・読書マラソン

〜予告篇〜

 
 

  昔から、進学や就職などの「面接」に関して、非常に自分が困惑してしまうひとつの問いがあ
 りました。
  その問いとはこれ、

 「今どんな本を読んでいますか?」

  わたしはこの問いに、答えることができなかったのです。
 

  何故ならそれは、「今読んでいる本」すなわち「読みかけの本」というものが、わたしには存
 在しなかったから、なのでした。
 

  人よりとにかく目がいやしいわたしは、読み始めた「それ」を、読み終わらずに途中で止める、
 などというお行儀の良いことが不可能な体質でした。読み始めたら読み終える。必ずです。
  途中に例えばご飯を食べたりお風呂に入ったりとか、多少の途切れはあったとしても、基本的
 にはぶっ通し、です。そうでないと我慢ができない。
 

  こういう性質を持ってしまった為、わたしの活字読み取り速度はそれはもう磨きに磨かれまし
 た。と言っても、いわゆる「速読法」のような、ページの全体を目に入れて必要な部分だけ読ん
 でいく、というお上品な代物ではありません。一行ずつでないと読んでいけない。
  その為にわたしの本の読み方というものは、傍から見ると非常に激しい、らしい。ある人には
 「噛みつくように本を読む」と形容されたこともある程です(笑)。
 

  と、いくら言ってもイメージし難いでしょうから具体例をあげてみますと、かつてわたしは、
 村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』を、3冊6時間で読んでしまいました。無論、休憩無しのぶっ
 通しです(笑)。
  このページ数と時間から計算してみたところ、文庫においては1分間に約3ページと6行を読
 んでいる、という結果が出ました。1分に最低1度はページをめくっている。「噛みつくよう」
 などと言われてしまうのもむべなるかな、です。
  以前、ある雑誌で「読了時間で選ぶ本」てな感じで本が紹介されていたんですが、その中にあっ
 た自分が読んだ本とその時間、そして記事内にあった時間とを比べてみるに、どうも自分は、一
 般の2.5倍〜3倍の速さで本を読むようです。何て燃費の悪いことか(笑)。
 

  そんなわたしは、「今何を読んでいるの?」という単純な問いにどうしても答えられなかった。
 今考えたら、そんな、細かいことにこだわらずに「一番最近に読み終わった本」を言っておけば
 良かったんですが、昔のわたしは生真面目だったので(笑)。
  そうは言ってもさすがのわたしも、科学ものなどの学問系は、さすがに何日かかけて読んだり
 もしましたが、「小説」、「物語」を何日にも渡って読む、などという経験は本当に数える程し
 かありませんでした。『指輪物語』くらいでしょうか(笑)。
 

  さすがに大人になった今は、多少の分別もついてきて「残りは明日」などということも可能に
 なってきましたが、それでもわたしの手にかかって3日以上、もった小説はありません。ちなみ
 に3日もったのは、京極夏彦『絡新婦の理』(笑)。とは言え実質読書時間ほぼ6時間。
 

  ですが、これもある意味において、ちょっぴり味気ないものであります。
  スティーブン・キンググリーン・マイル』は発売当初、全6巻を一ヶ月に1冊ずつ刊行、と
 いう形態をとっていました。
  これはもう、一刻も速く「物語のすべて」を知りたいわたしには拷問のような制度でしたが、
 しかしある部分で、非常に楽しかった。じりじりと次の巻を待つ30日、その間の胸のときめき。
 

  こういうのも悪くない、そう思いました。こういう風に、時間をかけて、ある程度の長さのあ
 る物語を読んでいくこと。
 

  それから長きの時を経て、つい先日、わたしははたと「それ」に気がつきました。
  そうだ、世の中には、こんなに長い「物語」があるではないか!
 

  よし、これだ。これを読もう。
  そして読んでいる間は堂々と胸を張って、人に「わたしが今読んでいる本はこれです」と言お
 うではないか!
 

  そんな訳で、わたしは図書館でその本の1巻と2巻を借りてまいりました。
  それと一緒に、忘れてはならない、関西では知らぬ者のない有名洋菓子店、アンリ・シャルパ
 ンティエに立ち寄り、これを買って帰らねば……そう、これ、マドレーヌ。
 

  もうお判りになりましたね?
 

  そう、わたしが「日にちをかけて」取り組むことに決めた「物語」とはこれ、
 

  マルセル・プルースト『失われた時を求めて』!
 

  ……ああっ、「貴様は本が好きと言いながらそんな基本中の基本も読んでなかったのかっ」と
 いう怒りのお言葉が、罪を犯した女へ投げられる石礫のようにあちこちから降り注いでくるのを
 感じます(笑)。
  でも、ああそうさ、どうせオレはこんな超有名作を未読さっ、文句あるか!←逆ギレ(笑)
 

  けれども、世の中の人をまず「本読み」と「本読まず」に分け、更に「本読み」を「物語読み」
 と「物語読まず」に分け、その「物語読み」だけを見たとしても……これを、抄訳などでなく、
 全訳で読み通したという人はおそらく半分程度ではないか? とわたしは勝手に勘ぐってます。
 そして、その残り半数は、「読んだ人」がその話を持ち出す度に、身の縮むような思いをしてい
 るに違いない。いや、きっとそうだ(笑)。
 

  そんな風に「こういうのって、読んでたらハクつくんだろうけど、いざ読み出す勇気はなかな
 かなぁ……」「読み始めたとしても、途中で投げ出しちゃうだろうなぁ……」とお嘆きの貴方。
 そう、そこの貴方です。
 

  わたしと一緒に、走ってみませんか?
 

  わたしが選んだテクストは、
 『失われた時を求めて』鈴木道彦訳・集英社のものです。
 

  何故これを選んだかというと、つい最近、最終刊が出たばかり、つまり現在日本で最新の訳で
 あるということが第一。
  そして本そのものが非常に美しいこと。残念ながらわたしは図書館で借りているので箱が無い
 のですが、これ本当に綺麗です。中の活字も手頃なサイズで、読みやすい。
  更にこのシリーズには、最初の巻に「全七篇のあらすじ」「登場人物100人」の紹介がつい
 ていること(笑)。これは非常に有り難い気配りです。
 

  このシリーズでは、大体一篇を2巻で出してあります。第六篇だけ1冊で、全巻13冊。
 

  これを、1巻ごとに筋やら感想やらを交えつつ、書き綴っていきたいと思います。
  そして最終的な「総括」をつけ、更にこの予告分を足して堂々全15回のシリーズに仕立て、
 42.195キロ、いや全13巻を完走したい。
 

  現在わたくし、第一巻のほぼ半分くらいまで進んでおります。
  そうして今のところ、非常に面白いです。
 

  予定では今からほぼ一週間後に、第一回をスタートしたい所存。
  わたしと一緒に進もうと思う方は、どうかこの間に追いついていらして下さい。
  勿論、わたしの文を読んでから後追いで来られるのも可。
  このシリーズはうちのもよりの図書館にはなく、そのつど少しずつ取り寄せてもらうことにな
 るので、「そんなに読むのが速いなら、あっという間においてきぼりにされるのでは……」とい
 う懸念はナシ。下手すると取り寄せてもらってから手元に来るまでに一週間くらいかかるので、
 その間にくいついてきて下さいまし(笑)。
 

  そう、この宣言は自分を鼓舞し、後戻りできない状態に追い込む為でもあります(笑)。
  『不思議の国のアリス』で、ハートの王様はいみじくもこう言っている。

 「はじめから始めて、終わりまできたらやめればよい」
 
 

  ──さあ、走りましょうか!
 

 「長いあいだ、私は夜早く床に就くのだった。………」
 

                                     2001.3.27

読書マラソン『失われた時を求めて』Vol.1へ進む

本の虫のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る