*高野史緒
『カラマーゾフの妹』(講談社)

  あの「父殺し」から13年の時が経った。今や内務省の特別捜査官となったカラマーゾフの次男、
 イワンはある特別な目的を抱いて故郷へ降り立つ。それは事件の「真犯人」をこの手で暴くこと──
 第58回江戸川乱歩賞を取った奇策のミステリ。
 
 
 
 
 

  おお、これを待ってたんだよ!  


  と、最初に新聞で広告を見た際に思いました。  


  最初に『カラマーゾフの兄弟』を読んだ際、ものすごく後悔しまして。  
  何故かと言うと、未完って知らなかったので。  


  読み終わった瞬間、「えええ、何コレ!???」と内心叫びました。いやカラマーゾフ万歳
 とか言うてる場合でないから!  


  いやそうは言っても「第一部完」なんだからこれは未完ではないよ、何せドストエフスキー、
 ここまでであってもこれは物語として充分に完成されているよ、という意見の方は世間に多い
 と思いますが、わたしにとってはこれはもうまごうかたなき「未完」。


  どれ程優れた文章であろうと、いや逆に優れた文章であればある程、わたしは「未完」の作品
 は読みたくないのです。だからいまだに夏目漱石『明暗』も未読です。  
  結末が判らないなんてもう自分にとっては他の何よりも堪え難い苦痛。もしも誰かに拷問に
 かけられたとして、最も早く口を割ってしまいそうなのは特上の物語を読まされてそのクライ
 マックス寸前で本を取り上げられ、「この続きが読みたいなら吐け」と言われる仕打ちではない
 かと真顔で思う。それくらい苦痛。  


  また、致命的だったのがこの物語に起きる重要な出来事が「殺人事件」であること。
  その瞬間にわたしにとってこれは「ミステリ」として認識されてしまったのです。  


  何せ相手はドストエフスキーです。巨匠です。文豪です。大ロシアです。  
  だから世間一般的にはこの作品は「人の精神の模索の物語」であり、人にとって神とは何か、
 善悪とは何か、生きるとは何ぞや死とは何ぞや、そういうでっかい、けれど形の無いことがびっ
 しりと書かれているものとしてとらえられており、無論そのことに自分も異見はありません。  
  でも、自分にとってこの作品は、それよりももっと手前に「ミステリ」なのです!  


  読み終わって呆然としたその際に思ったのは、いやこんなとこで終わったらダメやろ、この
 先にミーチャの華麗な脱獄活劇とか、まあそれは不発や失敗に終わってもいいんだけど、とに
 かくこの裁判結果が何らかのかたちでばっさばっさと明解に否定されていって、スメルジャコフ
 が真犯人であることが世間に暴かれる、乃至は実は実行犯は別にいるとか、そういう「謎解き」
 が欲しいんだよ! そうでないと自分はイヤなんだよ! という気持ちでした。  


  そんなんは文豪の作品に対してあまりに下劣で下世話な欲求であろうと判ってはいるんですが、
 でもどうしてもイヤでした。  
  それは間違いなく、この作品が「人間を描いた作品」としてだけではなく、「ミステリ」と
 しても充分に優れたものだったからに他なりません。  
  この「事件」を明解に解いてくれる「探偵」の出現、それがわたしの心からの望みでした。  


  そこへ、これですよ、これ。  
  広告を見た時何より嬉しかったのは、「ああ、やはりこの作品を純粋に『ミステリ』ととら
 えてその続きが知りたい、と思っている人が自分以外にもいるんだ!」ということ。  
  それが巨匠作品に対して不純な気持ちだってことは我ながら重々承知で、だから公には言い
 づらいことでもあったのですが、そうだよね、とにかく人間性とかそういうことは脇に置いて、
 「純ミステリ」としてのあれの続きが知りたいよね! と、非常に嬉しかった。  


  でもってこの「妹」というタイトルが非常に扇情的で、え、妹? 妹? そんなんいなかった
 よね、いやでも実はいてそれがキーになるのか、それともこれは比喩的表現なのか、実は前作の
 この人がこういう根拠をもって妹であると明言されるのか、などといろいろ妄想。  
  そして序文での「前作で『ある重大な事実』を発見した」辺りのくだりに身震いする程興奮
 して、わくわくと読み進めて、で、割と冒頭のイワンと催眠術師とのやりとりでちょっと蹴つ
 まずく。「幼い頃のあなたにフランス語が通じないから無理です」え、ええ!?  
  いやそうゆうもんではなかろう、と思いつつもまあ小説だからいいか、と読み進めるも、だん
 だんと自分内トーンが落ちていって、「真犯人」にたどりつく辺りではもうがっくり。  


  だってこれ「ミステリ好き」にとってはあまりにセオリー通りの犯人だよねえ。  
  まあセオリーであってもそこに当てはまる人を犯人に持っていくにあたり、動機の捻出やら
 何やらで物語を盛り上げることは可能なので、別にこのパターンがすべて悪いとは言わない。
 でも底本の「ミステリ」の土台があれだけ素晴らしいのに、この判り切ったパターン犯人では
 もうがっかり感が半端じゃない。  


  でもって動機もいやちょっと待てーい、て感じの代物だったし……別にね、あくまで前作の
 「ミステリ」としての続きを書く、ということなのだからこの話の中で人間の精神性とは何ぞや、
 みたいなことが語られなくたっていいんですよ。それは全然構わない。  
  でも、前作で登場人物がやってたことに「実はあれはああだった」と意味付けする場合には、
 前作内で語られてたその人の人間性ってものを無視したりはかり間違ったりしちゃいかんだろうと。  


  イワンが「昔の自分だったら堪え難いことだろうに今の自分は平気だしそういうものだと
 思える」てなこと考えてたり、コーリャがすんごい発明家になって皇帝暗殺を企んでたりとか、
 そういうのはいいんですね。
  だってそれは「前作と今作の間に起きた変化」だから。だから前作でどう描かれてようが、
 「13年の間にいろいろあって変わったんだよ」てことでスルーできます。  
  でも「13年前のあの出来事の時に実は自分はこう考えてこう行動していた」てのが、前作で
 書かれていたそのキャラの行動や内面描写にそぐってなかったらそれはやっぱりダメでしょう。
 そこは合わしていかんとダメですよ。  
  特に295ページの頭の辺りとかさぁ……いやもうありえんからそれ。いくら何でもそれは彼を
 ひどく扱い過ぎだから。そら確かにぽーっとしやすい人ではあるなと前作でも思ってはいたけれど、
 でもそういう方向じゃないってこの人。  
  確かにアリバイについてはこの人肝心のとこがすぽっと抜けてるので、それに基づいて犯人が
 この人である、というのはアリだと思う、でも動機はもっと別に設けて欲しかったよー。  


  ……とはいえ、この作品の読みどころはやはり「前作をミステリとして読み解く」あたりであり、
 特に前作での「殺人事件」の状況やその際の金銭の動きを克明に追い、「状況的に真犯人はスメル
 ジャコフでは有り得ない」ことを暴きだすくだりです。
  もう、ここ本当にぞくぞくしました。そう、自分はこの「事件」について、こういう読み解きが
 見たかったんだよ!  


  ということで、自分にとっては良かったんだか悪かったんだかよく判らない作となってしまい
 ました。当時の事件における矛盾点なんかはほんとにその通りで、でもじゃ実行犯はどこにいる
 んだよ、てことになるとそれについては前作では無論ノーヒントですから。そもそも文豪ご当人は
 「ミステリ」として書いてた訳じゃないんだし(笑)。    


  誰かこう、この「ミステリ部分」と「文豪部分」を同時に満たすような「第二部」を書いては
 くれないものかなあ。いやそんな望みは生涯かなうことはないだろうけども。  


 2012.10.12  



  ……しかし『罪と罰』とでも思いましたが、ロシア人の呼び合い方は一体何種類あるんだと。  
 『カラマーゾフの兄弟』ではまだそれ程入り乱れてないんですが、『罪と罰』では普通の、と
 いうかいわゆる戸籍的な名や名字に加え、愛称、父称、親称が呼ぶ人やその場の気分によって
 何の注釈もなしにほいほい使い分けられて、「え、このいきなり出てきた人誰? え、コイツの
 こと!?」て大混乱いたしました。  
  また、キャラ同士が相手のそれを全部覚えてるのがすごいと思う。日本で友達同士だと、名前
 と全然関係ないあだ名で長年つきあってたりすると本名ど忘れとか普通に有り得ると思うんだけど、
 何でそんなに相手の様々な名称を覚えてられるんだ、ロシア人。  

  ……でもってその愛称の付け方も謎だらけ。  
  ドミートリーがミーチャ、カテリーナがカーチャは判る。エリザヴェータがリーザもOK。  
  でもアレクセイがアリョーシャってそれ文字数増えてるやん、とか極めつけはアグラフェーナ
 がグルーシェンカって、もうそれ母さん全然判んないわよ! の世界。  

  ……『カラマーゾフの兄弟』でも『罪と罰』でも、物語そのものへの感銘とかいう以前に思った
 のが「ロシア人ってほんとにこんな老若男女問わず気分がここまで乱高下するものなのか……?」
 という疑問でありまして。  
  まわり中がこんなに激情家ばっかりだったら自分なんかもうへっとへとだよ、と思ったもの
 でしたが、この『妹』では頑張ってはいるもののやはりこの本家ロシアの感情の暴走っぷりには
 到底追いつけてません(笑)。上がる時も下がる時もとことんで、しかもその変化が一瞬で起きる
 のがドストエフスキー描くロシア人のスゴいとこ。  
  本当にロシアの方々は皆こんなにも暴れ馬ハートなんでしょうか? それともドストエフスキー
 が書くロシア人がこうというだけ?  
  もし前者なら自分はロシアで暮らすのは多分不可能。これに連日囲まれてたら病みます。  

  ……リーザとニーナの行方は一体どうなってしまったんだ……この投げ出しっぷりはあまりと
 言えばあんまりでは。  
  でもってあんなにも期待をかきたてた「妹」がただこれだけ、というのにもがっかり。  
  この辺りも、この『妹』をミステリとして評価するに点が低くなるところであります。
 
 

「小説」のTOPに戻る

本の虫のTOPに戻る

犀の山のTOPに戻る