アガタルホ物語  〜プロローグ〜






    夜の学校を覚えてゐるかい?
    あれが僕と君とが出会つた、その、はじめだつた。
    あの夜からずつと、世界はしづかに発光してゐる。





   「君が、占ひなんぞを信じてゐたとは驚いた」
    彼は唇にくはへたシガレットを喰ひちぎるやうにして、さう云つた。
    勿論その間、足をゆるめるでもない。
    何かの為に足並みをゆるめるやうな、そんな殊勝な真似をする男ではないのだ。
    「まあさう云ふな」
    つつけんどんな口振りに、気分を害する訳でもなく、男は気楽にさう云つて手
   を振つた。
   「君だつて覚えてゐるだらう。ほら三年の夏のことだよ。夜中の、誰もいない校
   舎の屋上で、水晶を満月の光にかざせば、星の未来が見えると、さう云つたのは
   君だぜ」
   「下らないことを覚えてゐる」
   「下らなくないさ」
    男はポケツトの中から、銀紙にくるまれたキツスチヨコレツトを取り出すと、
   食べるでもなく、それをぽんぽんと放りながら歩いた。
   「水晶になつて、地面の中から、通りすぎてゆく旅人に向かつて歌ふのだと、さ
   う云つたぢやないか。僕なんざ今でも覚えてゐるよ」
   「さういふことが下らないと云つてゐるんだ。……で、今日は一体どこへ連れて
   いかうといふんだ。僕だつてさう暇ぢやない」
   「さう急くな。兎に角そいつは、良く当たる占ひをするつてことで、ここいらへ
   んではちよいと有名なんだぜ」
   「ふん」
    彼は鼻先でせせら笑つて、シガレットを口の端から屑籠へとばした。
   「それで君は、一体何を占つてもらふつもりだい」
   「決まつてる」
    男は何度めかに放つたチヨコレツトを受け止め、ぎゆつと握ると、にやりと
   笑つた。
   「REINCANATIONさ」


    占ひ師はひどく小さく、何だかまるで、片手の上にでも乗りさうな風情だつた。
    紫のベエルの下の顔は、男だか女だかも判然としない。
    占ひ師は、二人が天幕の中に入るなり、口を開いた。
   「空飛ぶ理科教室を覚えてゐるだらう。その窓から高圧線の上の電気猫を見た筈
   だ」
    その声はまるで、殷殷と響く鐘の音のやうで、二人はもうすつかり毒気をぬか
   れて、立ち尽くしてしまつた。
   「それは一体」
   「貴様が持つてゐるものがみんな教へてくれた」
    占ひ師は、群青色に染めた、針のやうにとがつた爪を、彼につきつけ、さう云
   つた。
   「君が?」
    驚く男を無視して、彼は一歩前に進みでる。
   「僕に何の用だ」
    ほつほと、占ひ師はベエルの奥で笑つた。
   「貴様に電報が届いてゐる」
   「電報?」
   「かうだ」
    占ひ師は、大きなトパアズの指輪のはまつた指を立てた。
    「モミノ樹サワグ 嵐ケ丘ニ立チ
    冬ノ嵐 ヲ待ツ星 ヲ指ス
    宇宙飛行士ノ帰リ待テ   ……以上」





   「僕にはさつぱりだ」
    帰り道、男は頭をかきながら、頻りにぼやいた。
   「一体君には、あれが判つたのかね」
    彼はただ微笑して答へない。
   「何故あすこに君宛の電報が届いてゐるんだ。もしか、君は前からあいつと知り
   合ひかい。二人で僕をはめやうとしたんだね」
   「そんなことではないよ」
    彼は相変はらず微笑したまま、取り出したシガレツトを指でいじつた。
   「なあ君」
   「ん?」
   「冬になつたら、一度田舎へ帰らうか」
    彼は少しだけ先にゆくと、ぴた、と立ちどまつて、男を振り返つた。
   「実をいふと、僕はまだあれをここに持つてゐるんだ」
    彼はさう云つて、上着のポケツトを叩いてみせた。
   「あれ?」
   「あの、満月の夜の、水晶だよ」
    ぽかんと立ち尽くした男の顔に、やがて、ゆつくり、笑みが広がつた。



    どこからか、蜩の鳴く声が、静かに聞こえてくるやうだ。

                                   (了)

  1995.4.3



    ・引用歌詞タイトル
     〜プロローグ〜
      「水晶になりたい」
      「星の未来」
      「REINCANATION」
      「空飛ぶ理科教室」
      「電気に話しかける猫」
      「X’マス・フィードバック・スペイスマン」




第1話を読む
犀の山のTOPに戻る
アガタルホ物語のTOPに戻る