アガタルホ物語  〜第2話『カタビラ辻に異星人を待つ』〜








   「なあ君、またそろそろ、あいつに遭つてみたくなつたよ」  
    彼の唐突な言葉に、男は丸い眼の縁に、ふつと笑みをにじませた。
   「さうだなあ」  
    あいつ、といふのは実は人のことではない。
   「あの近くの靴屋に、実は注文を頼んでゐるんだが、そいつを受け取りに行つ た
   後でも構はないかい」
   「あゝいゝともさ。どの辺りになる」
   「ちやうど太秦から一駅先になるね」  
    太秦は、広隆寺。彼のいふ「あいつ」とは、そこにおられる弥勒菩薩像を指し
    てゐるのだ。  
    もとより宗教心あつてのものではないから、この「あいつ」といふ呼び方を、
   男は別に、とがめはしなかつた。  
    初めて京都に出た頃、まあ、有名どころだから、といふそれだけで、何の気な
   しに訪れたところ、その、世に比類なき姿のほとけを、彼はすつかり、気に入 つ
   てしまつたのだ。  
    それ以来、彼の冒頭の一言が、年に何度か聞かれるやうになつた。忘れかけた
   頃に、ぽろつともらすのだ。
   「あいつの顔が、見たくなつたよ」と。



   「といふと、どこになる」
   「帷子の辻だね」  
    男は、骨太の手を振つて顔を扇いだ。額にはじつとりと汗をかいてゐる。
   「駅にしちや随分突飛な名だから、好く覚えてゐる。どうも京都は地名がやや こ
   しくつて不可ないね」  
    さう云つて男はぎらぎらと、おそろしいばかり照りつける太陽を睨んだ。
   「それにこの暑さもかなはんよ」
   「全くだ」  
    彼はさう答へると、汗など殆ど見えない細面の顔に、優しい笑みを浮かべた。



    嵐電の駅のホウムには、他に全く人気がない。  
    先刻まで居た何人かの客は、今、眼の前の電車に乗つて行つてしまつた。  
    約束の時間より、少しく早く着き過ぎた。  
    まともに陽の照りつけるコンクリイトのホウムに立つて、流石の彼も、暑さに
   眉をしかめた。  
    どうも、この暑さでは、喉が乾いて不可ない。  
    男が来るまでには、まだ間がありさうだ。  
    ホウムから見える店先の、「氷」といふ赤い文字がひときは眼にしみた。
   「……何、構ふまい」  
    彼はひよこんと軽い身を踊らせて、ホウムから降りる。  
    瞬間、藍い湯帷子の裾が、ひらりと眼の前を横切つたやうに見えた。  
    おや、と眼をこすつたが、何も見当たりはしない。  
    たうたう暑さが眼にもきたかな、と彼は苦笑しながら、大股に線路を横切つ た。



   「御免よ」  
    ぎいつと、木の古い扉をきしらせて入つた店の中は、昼間だといふのに、何や
   らひどく暗い。  
    それに加へて、中は驚く程の涼しさだ。  
    一体どんな冷房装置を使つてゐるのだらう、彼は一瞬気になつたが、それよ り、
   店内のテヱブルを占める客の異様な風体に、心を奪はれてしまつた。  
    幾つかに小さく固まつて、低いひそひそ声で話してゐる彼等は、耳のやたらに
   とがつた者やら、針金のやうな髪の毛をしたものやら、肌の色がなんとなく緑 が
   かつた者やら、兎に角どこか、普通ではなかつたのだ。  
    それに話してゐる、その内容が、また尋常のものとは思へなかつた。
   「……聞いたかね。モンテクリスト伯はお城の上に隠してあつたダイヤモンド リ
   ングを、サアモンピンクのヨコシマ野郎に盗まれてしまつたといふぜ。… …」
   「……明日の天文台のバスは予約できただらうか。ほら祝津行の奴だよ。… …」
   「……その態なら虎だらう。上等・ケバケバ・革手袋にでつかい指輪を一個つ け
   てね。……」
   「……あの怪盗紳士ときたら、並居る敵を横眼でちらりと睨んださうぢやない か。
   ……」  
    ひそひそ、ざわざわ、彼は何だかもうすつかり頭が一杯になつてしまつて、ぼ
   うつとその場に立ち尽くしてしまつた。
   「何に、致しましやう」  
    突然、野太い声が、彼の眼の前を遮つた。
   「あ、いや、……」  
    彼は一、二度頭を振つて、カウンタアの向かうから声を掛けてきた男の方を見
   た。  
    やはり暗くて、顔が好く判らない。  
    体はすつかり冷えてはゐたが、彼は考へもせずに、そのまま口を開いた。
   「あの、……氷水を」  
    カウンタアの向かうで、男の気配が急に変はるのが判つた。
   「……あんた、今、何て云ひなすつた」
   「え、だから、……氷水を」  
    少しく大きな声で彼が云ひ返した瞬間、ざわついてゐた店の中が、水をうつた
   やうに、しん、と、静まり返つた。  
    男がぐい、と太い腕を組んで、大きく肩を反らすのがほのかに見える。
   「好いかね。真面目だよ。あんたにも判るだらう。……今、何と、云つたね」


  
    彼は、店中の視線が、じつと自分に注がれてゐるのを背中に痛い程感じた。  
    けれど常になく頭がぼうつとして、何が何だか判らなくなつてゐる。
   「氷水だらう」  
    彼が、さう云つた途端、店の客が、全員、立ちあがつた。
   「こいつは違ふぞ!」
   「ちえつ、何処から入りこみやがつた!」
   「何でも好いから、早くとつ捕まえろ!」  
    幾つかの怒号まぢりの叫びと共に、わらわらと、沢山の腕が、彼に向かつて伸
   びてくる。  
    彼は、次から次へとまとはりつく手を振り払ひ振り払ひ、必死の思いで駆け た。
    兎に角頭がぼうつとして、気が遠くなつてくるのをきつとこらへる。  
    その、ぼんやりとした頭の中に、  あゝさうだ、さういへばあの弥勒菩薩とい
   ふ奴、確か五十六億七千万年後にこ の世にあらはれるのだつたが、誰だつたかそ
   いつを、この星が滅んだ後にやつ てくる異星人なんだと、おかしなことをぬかし
   やがつたことがあつた、あの時 は頭から莫迦にしたものだが、でも、もしか、そ
   んなことがあるのだらうか、… …  
    と、幾つかの言葉が浮かんで、それからすうつと、意識が遠くなつた。



   「君。をい、君つたら!」  
    強く、肩を揺すぶられて、彼はふうつと意識を取り戻した。  
    男の顔が、すぐ傍で心配さうに覗きこんでゐる。  
    ふらふらとしながら横眼で見やれば、そこは先刻の嵐電のホウムだ。
   「君、あゝ、……君は」  
    彼はかすれた声をあげた。
   「君は、……君か?」
   「何だつて?」
   「君は、人間か?」  
    男はますます心配気に、その太い眉を寄せる。
   「をいをい、また随分と剣呑だね。どうもここは陽に当たり過ぎぢやないか。 こ
   つちへ来たまへ」  
    男は、細身で長身の彼を抱へるやうにして、屋根の下の日陰へ連れ込んだ。
   「どうだ、大分人心地ついたらう」  
    男はさう云つて、それから面白さうに、彼の顔を覗いた。
   「しかし、君も妙なことを云ふね。もしさうだつたらどうするのだ」
   「さう? ……」
   「もし僕が人間ぢやなかつたらさ。だつたら何だ、僕が宇宙人だとでも か?」
    男はぐつたりした彼を腕に抱へたまま、可笑しくてたまらないといふやうに続
   けた。
   「そんな僕を、君はここで律儀に待つてゐてくれたつてことか」  
    カタビラの辻に異星人を待つ。
   「……でも……」
   「ん? 何だね、聞こえないよ、もつと大きな声で云ひたまへ」  
    でも、それもあながち、悪くはないかもしれない、さうだ、こんな信じ難いや
   うな暑さの日になら、それも、…………  
    彼は、胸の内でさう呟きながら、男の腕の中で、再び、気を失つていつ た。

                                   (了)

 

  1995.4.28


    ・引用歌詞タイトル
     〜カタビラ辻に異星人を待つ〜
     「カタビラ辻に異星人を待つ」
     「モンテクリスト・ファン・クラブ」
     「祝津の天文台行きの」
     「サブマリン」
     「パリで死んだ虎」




第3話を読む
犀の山のTOPに戻る
アガタルホ物語のTOPに戻る